外伝の感想の前にちょっとつれづれ ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2011年08月24日

外伝の感想の前にちょっとつれづれ

やっとこ外伝感想書こう…と思ったのですが、そのまえに
このごろちょっと意図的に、感想に合間を置くようにしていたりします。


と、いうのも、
昔は、インプットしたら即あうとぷっと!あうとぷっと大事!とか思ってたりしたのですが、、、


このごろは、インプットして→自分の中であたためる→アウトプット

とインターバル置いたが、いい感じかもなぁと……


その間、悶々考えるわけじゃなく、
ただ”あたためておくだけ”ってのがなんか、いいかも、と。



即あうとぷーっと!しちゃうと、すぐ言葉に直しちゃうのですね、
前もどっかに書きましたが、大好な梨木さんのお言葉らしい
こちらのレポートにあるお言葉

ちょっと、引用させていただきますと、


小さい時、読書感想文がすごく嫌いでした(今も嫌い)。言語発達の途中にある子どもが、拙い言語能力を使って自分の言いたいことを正確に言い表すことは難しいと思います。たとえ、無理やり書けたとしても、それで終わったつもりになってしまって、さあ次に行こうとなるのが怖いんいです。例えば、私の場合は『秘密の花園』の感想を無理やり書かずに、イメージのまま放っておいたんですけど、最近になってようやく(十分ではないんですが)言葉に表すことができるようになってきたように思います。

無理やり言語化してしまうと、イメージが貧困なものに、小さなものになってしまいます。無理やり言語化することは、「ふわっとしたもの」を記憶しておこうとする力を消してしてまうことにもなります。無理やり言語化してしまうと、取りこぼすものが多すぎます(100点ぐらいのことが抜け落ちてしまい、1点しか残らない)。

書きたいと思うときが来るまでは、それを無理に書きまとめる必要はないんじゃないかという気がします。




これは結構近いなぁと……


ついつい、感想とかを定期的に書いているとですね、
読むときや、見るときに、これをどう感想にするかなーーーとか頭をフル回転してしまうようなところがあり、

そして、感想に落とすときも、自分の中でまだはっきりと言語化できてないのに、無理やりおとしちゃいそうになる…ことがあります。


特に、今はアウトプットが非常にしやすい環境にあり、

ついつい、
自分の中でまだ形になっていなかったものを、無理やり形にしようとして、逆にいびつになってしまったり…
てことが、起こりやすいところもあるかな~と


かといって、即アウトプットがよくない!
ってわけでもないとは思うのですが。


やっぱりアウトプットの練習は数稽古なところもあるし。
それに、一度アウトプットしてまとめてから、後からまた考える…というか、暖めておけるところもあるし



でも、ちょっと実験気味にそうしてました(’’*


実際、前の外伝も、自分の中できちんと固まったのって、終わってから2、3ヶ月後くらいなんですよね
ヴァイルの変化とか、結局なにがテーマだったのか、とかタナッセさんの背負ってるものとか、きちんと固まったのって。


やっぱ間を置いていると……なんですが、
自分の中で、くすぶっていたものが、いきなりキュイーーンとなって(笑)(どんな
ぴしっ!と揃うようなときがくるんですね、
なんかこれは、結構いい感じだなーと

そんな感じで、合間をあけていたのですが、

そしたら


外伝の 更新順番 わ す れ た



(´∩ω∩`;;;


合間あけすぎるのも良くないなと思った瞬間でした…!(笑)
てことで、人順でやろうかな、と!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。