外伝感想~その他~ ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2011年07月27日

外伝感想~その他~

ファジルヾ(`・ω・´)ノファジル!


と全力でファジルファジルしてきましたが、
外伝のほかのことについても。









□誰のための時間


まあ、前のでファジル!ファジル!とかいってきましたが、やっぱり
イルアノさんの人生はつらいもので…(´・ω・`)替え玉人生つらい


ちょっとした綻びは、一気に広がるからこそ、
イルアノさんみたいなまだ子どもにも徹底的に、”違うもの”として印持ちを扱わせることはすごく分かる……のですが……でも…!!



が、しかーし!
ここでのポイントは、前の外伝です。


こんな風な人生を送ってきたイルアノさんが、

人は誰しもそのままの姿で生まれてくる訳じゃないってことだ。王を作るのは印じゃない。それを取り巻く人々だよ



「確かにこの子には印があり、タナッセには印がない。この子はいずれ王になり、タナッセはけして王にはなれない。それは覆せないことだけれど、それだけのことだ。その程度の覆せないことはいくらでもある。そう、この子が私の子であり、タナッセが兄さんの子であるようにね」

だから、今はこう思っているんだ。印がないことこそ、可能性なのだと。私たちは王にはなれないが、それ以外のものならば何にでもなれる。でも、この子は王にしかなれないんだ」


こういうことを言えるようになるのが…!!


この方、こうやって、印持ちは違うんだを刷り込まれて生きてきたのに、
なのに、印持ちだって、さして変わらない…という精神に落ち着いているんですよね……


”言った”だけとは、いえ、これが言えちゃうだけでも十分すごいと思うんだ(`・ω・´)


勿論、ここまで言えるようになるまで、色んなことがあったからでしょうが、、、

やっぱりヴァイルママンの影響もでかいのかな?

あとは、、、リーくんのことはどうだろう。
この子が、予想以上に外伝で好感度上がってる一人です。
結構なかなか…?

でも、、、ですが、、、

やっぱりファジルさんの影響もあるんじゃないかな、って思うのですよね。


ファジルさんが、”必要だからこそ、そうしただけ”
ってことが、、、
頭で分からなくても、どこかで体感できたからこそ、
イルアノさんがこういう風になれたんじゃないか…?とか思ったり。


反面教師とかもありますが、大抵、育てたように子は育つ

子供を見れば親が分かる(孫だけど、育ての親はファジルっぽい感じなので)

ってとこもあると思うので……

それに、イルアノさんも替え玉ですが、
ファジルさんも”代替可能なもの”


ぶっちゃけ同じともいえるわけで(、、




■後継者

ネセレたん絶賛反抗期。

いや、これは仕方ない……。
こうなってしまうのはやむなし……と思えるところがネセレたんの描写のされた方で。


前のでも書きましたが、

こういうネセレさんの背景描写が一切なくて、
かつ、あのネセレさんに殺された赤ん坊の両親が主役!な話が外伝だった場合(笑。どんなのだ)


ネセレさんは、今よりちょっと受け入れがたい人として映るんじゃないかなーとか思ったのでした。

感情移入の視点と度合いって、共感に大事だよね……


んーーーーしかし、ネセレさん、もといネセレたん。
彼の時代で、よく内乱起こらなかったなーとかよく思ったのですが(あんだけ神殿VS貴族になりそうな土台しきまくっていたのにそこは起こらなかった)

のは、、、
なんやかんやで、組織の長になれたのか、
はたまた、ただのファジルさんへの私怨だけで、王をやっちゃったのか、、、

どっちかで、私の印象度が大分違うぞ(´∩ω∩`さーどっちがくるかな……
ネセレ→ファジルの印象的に、前者であってほしいのだけど、、、



□成人

リーくん、、、いいな、、、すてき。


そして次兄がきました!私的に超出番まってたー!!

おおお、予想通り、、、いいな、次兄ちょおいい。




てか、長兄はディットンなのですか、、、レハトママンと出会ってたり、、、はoumiさんのあの書き方的には、ほんとに主人公は無設定なのかな~と思っているのでない、、、かな。出会いくらいはしてる?
キアノー氏くらいとは会ってる…?


リーくん、、、!!いやこの子、私そこまで、、、なんというか、好きでも嫌いでもないような子だったのですが

ちょっとこの話見て、すっごい好きになった…!

この子が、ランテを引き継ごうとしているのって、、、たぶん、ネセレのためですよね…?たぶん

もうランテの名を持つ人は、ファジル、リーくん、ネセレ、、、しかおらず、、、
このままだと、ぜーーーーんぶ、ネセレさんが背負うことになる。

リーくんは、その辺分かってるのじゃないかな…と思いました。
そして、何かしたいんじゃないかな…とも。

リーくんのネセレさんへの罪悪感ってすごそうだしさ……


「でも兄さん、やっぱり誰かが引き受けないといけないことだから……」

この台詞からも、リーくんの、ネセレさんに全て背負わす罪悪感…みたいなのが感じられたのですが……




「うまく対処もできない癖に、どうしてそうやって首を突っ込もうとするの。心配なのよ。このままじゃきっと貴方、良い方向へは行けない」


いいなー次兄。
何かをがんばることも大事ですが、自分の身の程をわきまえていることも大事なんですよね、、、、それ以上のことやろうとしても、上手くいかなかったりする。


でも、本当にそうなのか?ってときもある。
なんとかできる可能性があったんじゃないか、と。



そして、それが自分のとても大事な人の危機だったりするときに、自分の力が足りないこと程つらいことはないわけで……
(でもそれが大人になることなんだけどね…!


>継承者。寵愛者。ルラントと同じ加護を得た者。優れた者。神に認められた者。


そういえば、これ忘れていましたが、リーくんて、自分がファジルの子じゃなかったかも疑惑も持っていた子でしたね。


その後のネセレたんへの気遣いを見ても、、、この子もただのコンプレックス持っているだけの子じゃないなぁとも思ったのですが……


てかリーくん、二人称君か、君か。いい、いいよ…!
なんかこう、穏やかに切なげに微笑むような子に私は弱いんですが……なんかリーくんもそれ系な感じがしてぐ…!っと。

誰のことか思い当たった人はどうかそっとしておいてください…(笑)



>「だって……だって、君は父様のことが……だから」




ふむ……
あのネセレ両親殺害事件から、この時まで大分時はたっていると思うのですけど、
どういう過程で好きになったのか……
は、これから描写されるのかな…?

結局のとこ、ネセレたんがファジルさん好きになっているのが結構肝ですよね…
ただの憎しみじゃない。

そういうところも、別にファジルさんは最ネガ立ち居地じゃないな~とか思うのでした。


■与えられた名前

さっき好きになったキャラが

次の回では死んでいました。

どういうことなの!!!!!




あぁーーーー、、、リーくんは暗殺されたのですね、しかもほんとはこの刃が向くのは、、、うああ、、、




>分かってしまったから。これは自分にもいつか起こること。自分は、そのために用意されているのだと。そして何より、これが自分に向けられたものではないことが。
 自分の死すら、誰かの「失敗」にしかならないことが。
 恐ろしかった。




ここがすごくつらい……

替え玉としての人生のイルアノさんの人生つらい……
だがしかし、そんなイルアノさんが(ry


確か、陛下ママンは若いとき病気でby質問企画
でしたが、二人目……と改めて聞いて、
そういえば、イルアノさんは死んでいる扱いなんだな……というのが痛かった……

最後らへんの言葉は、、、

お前に伝えておかないと(?
彼女と私でつけた名
イルアノ、いつか時がきたら、そう名乗って、、、

おまえだけがわたしのただひとりのこ、、、


って感じでしょうか……

!?(`・ω・´;てか、り、リーくん…!!
ほんとこの子は、陛下のことには疑問があったんか、、、華麗なる一族的だわ、、、うあああ

そうやってみるとこの台詞、


「ありがたいお言葉ですが、私には息子一人で十分ですから」


が、二重の意味で聞こえるのだけど…!!つっら!つっら!


う~~~~~ん、しかし、、、これは、どうなのでしょう?


リーくんが、ファジルさんの息子であることは疑わしくなく、

しかし、リーくんはそれですら、疑惑を持っていた子である…とすると、

なかなかに、疑心暗鬼な子ではあると思うのですよね。。。

だから、華麗なる一族的にやっぱ勘違い……って線が自分は一番強いのですが…



しかーし、ここはちょっと気になる


>夫を立てる控えめな人でした。が。
まあ人生色々ありますよね。


ふむぅ……
リリアノママンへの質問回答ですが、
(ちなみに質問送ったのは私。被ってる可能性もありますが。
てか、リリアノ母関連は大抵送りました…(笑)色々疑問があったので)


まあこれが、疑心暗鬼ゆえに、夫婦仲がぎくしゃっくしました…ってことでも通じるのですけど。


でも、そういう疑惑を持った…ということはよ、
リーくんの奥さんと、ファジルさんて仲良かったりしたのかな…?
あのファジルさんと?(笑)
いや、、、ない、、、か、、、


もし、そうであったとしても、もう役割しかないファジルさんにとって、何かしら利がないと、そんな七面倒くさいことってやらない気がするのだけど、、、

謀られたとかじゃないことを祈る……そうであったら、どっちも浮かばれなさすぎるし。



私的に一番に思ったのは、あの魔の女の人との密会(笑)をリーくんが見間違いフラグ(笑)(そんなんだったら泣く…わ…!!



んーーーーーーしかし、ファジルさんと陛下ってそんな似てるかぁ(、、?

リーくんとイルアノさんは、なんか気質的に似てる感じはしますが、

リーくんも、ランテなところばっちりあるし、
陛下とも、似てると思うのだけどな~
どんなもんだい。


てか、ファジルさんと一番似てるな~とか思うのは、われらがタナッセ・ランテ=ヨアマキスさんだったり。
覚醒遺伝?

いや、あの
先を見通す目を持ちながら、一人でぜーーーーーんぶ背負いこんじゃったり、
愛情表現が不器用だったり
己の弱いところに自覚があったり
本質的にはヘタレだったり……(笑)

となんか似てるのですよね(´∩ω∩`


気質的に、文系と体育会系(笑)の違いはあるんですが……


タナッセさんが印を持って産まれたら、彼のキャラ性のコンプレックスが失われるので、
全然違う感じになるかもですが、
タナッセさんが、印持って、王になっていたらあんな感じじゃないかな~とか思ったり。


陛下はなー。
なんやかんやで、柔軟なところとか、なんかこう、、、リーくんのが似てる気もするぞ?
どうだろう……


あーーーしかし、、、これ、イルアノさんはどう解釈したのでしょう…?

ただ”自分だけが息子”といわれたのを、どう解釈したのか気になる……


ただの、父のコンプレックス的言葉だったと思うかもですが、

もし、思うところあって、ほんとに陛下と兄弟じゃない……という風に思っていたら、、、つらいですね(´・ω・`)あまりにも。。。


どうだったのかなー……
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。