外伝感想~ファジルかっこいいよまじファジルその2 ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2011年07月27日

外伝感想~ファジルかっこいいよまじファジルその2

天元突破ファ↑ジ↓ル→!(`・ω・´)


ということで、ファジルファンクラブ会員番号1番、えりにーすお餅ですどうも!
ちなみに会員NOは3まで埋まってあるので、ご応募はお気軽に!(どこにだ


てことで、ファジルさん感想の続きから

今回は感想続き+外伝の視点?の話






□成人

次兄の話が超したい……が、それはおいとい…て…!



ここで、ファジルさんがランテの家を存続されることに積極的でない一面がでてています。

ここが、前にもいった、権力を循環させる……ってことで大事なところだと思ってるのですけど、

王の権威をがっしりとするとしても、

”王の権力”にしない……ってところでしょうか。


つまりはこの後にくる”ランテ独裁”みたいなこと。

ほんとは、これ避けたかったのだろうなーとか思うのですよ(、、


権力が一点集中してしまうと
どうしても、メーレみたいなのが出てくる。お父さん!(二回目


この人は、印持ちに権力のバトンを渡していくことに戸惑いがなく、かつ、
ネセレさんが出てきてないときも、子どもに継承させる気はあんまりなかった感じ。


つまりほんと、一族で権力とりまっす!なところがさっぱりない。




今までの、印持ちの法則からして、血筋に出たことは一度もないところを見るに(ネセレさんまで)
印持ちシステム自体が、権力を分散しやすいシステムなところもありますが、、、


でも、ほんとーに、毎代、ただ印持ちにバトン回していくだけじゃ、システム回っていかないところもあるわけで。


そこで、前のにも書いたような、印持ちの王としての権威性をがっしり固める が重要になってくるわけで……

まあ実際はこの後孫にでちゃうわけですが(´∩ω∩`;あいたたた



血筋とか、そういうのって、膠着を生みやすいのですよね、、、よくありますが、世襲制~でやってきてどろどろごたごたぱぁんとか。


それをいち早く打破しているものといえば、神殿ですが、
ファジルさんも同じようなことやろうとしているんじゃないの…!とびっくり。

仲悪かったのになー。
いや、そういうもんですよね。同じものだからこそ、磁石の同極のように反発しあう




□与えられた名前


あああ、、、、うおーなんですが置いといて(こればっか


>ファジルは独善的ではあったものの、他の貴族たちを軽んじて扱うほど愚かでもなかったのだ。けして媚びることはなかったが、彼らの領地への誘いに気前よく乗ってみせることもあった。

キャーファジルサマーヾ(’’*ノ←すっかりシンパ

いやでもほんと、この人、自分なりに精一杯のぱいくらいはやってるのだなぁ…なんかもう単純に、すごい。


そして、ただ、「そうか」としかいえないファジルさん……んー切ないよなぁ(´・ω・`)




質問企画でありましたが、

陛下とイルアノさんのことをファジルさんは愛してたの?ということでの、
彼なりの愛があったのではないでしょうか。

っていうoumiさんの回答にぐっときていたのですけど
この外伝読んでから、さらにぐっとくるようになって。


ファジルさんてほんとに”無私”な人だと思うのですよね。

でてきている歴代王の中ででも、壮絶なほど”無私”



つまり”役割”としての自分しかない……
(ファジルさんにとって役割=王なわけですが)



そして、この人は生まれながらに、そうだったわけではなく
(>つまり、あれこそが己の本性だということだ。ただ自分には逃げ出す場所がなかっただけに過ぎないのだ。)


それを考えるに、
成長する段階のどこかで、”私”を捨て去った、もとい、捨てざるをえなかった人なのが垣間見えてきて……




そして、そうやって無私になった人には、
もう役割としての自分しかなくなる。




そして、役割しかない人は、
他の人に対しても、その人の役割しか愛せないようになってしまう……






陛下だったら、王の部分、
イルアノさんだったら、王の替え玉としての役割、
リーくんはランテ領主&時代の王父としてしか、、、愛せないわけで…


だから、ああいう風しか接せれない……
基、あれがファジルさんの最大級の愛情表現なんだよな……と思うとすごく切ない。








とりあえず、ファジルさんまとめ。


ファジルさんも、この外伝の主人公の一人であるかと思いますが、
他の人に比べて、圧倒的に感情移入がし辛いキャラじゃないかなーとか思えるのは、


1、ファジルさんのバックグラウンドがあまり語られない



ネセレさんを例にすると分かりやすいですが、
ネセレさんは、これから次に王になる子を暗殺したり、陛下暗殺未遂などしますけど、、


でも、そんな事をしても、ある程度理解できる……というか、

まあ、仕方ないよね……って視点が、出来やすいかなーとか思うのですよ。


あんな事があって、王になったのなら、それくらい極端にふれるのも、まあ分かるというか。

もっとも、そんな風にネセレをしたのは、ファジルなんだから、ファジルのせいじゃないか、みたいな視点もできちゃうかも。


やっぱり、”どうしてああなったか”の過程が描かれるのってすごく大きいです。



そして、逆にファジルさんに感情移入しにくい点は、一点して、”過程がないから”じゃないかなーと思うわけです。

ちらほら、小さいときの話とか出ていますが、、、それだけだといまいち分からない。

なんで、彼が、ここまで”王”になって

”私”のファジルを捨て去ってしまったか……は推測するしかない。




てか、もともとこの人きっと、
超へたれだったのだと思うの(笑)



自分を大きく見せよう、大きく見せようとしているところが顕著で、
大抵、自信のない人ほど、大きく見せようとするのですよね

勿論、ファジルさんは、自分のそういう本性(あれ(長男)が己の本性だ)も分かっていて、
でも逃げ場がなかったから、与えられた役目を、自分なりに精一杯果たそうとしただけで。



というか、ネセレさんを見ていると、
それを育てたファジルのことの幼少期が分かるというか、

うん、これを反復パターンの推測理解と呼ぼう(`・ω・´)←今決めた。きっと変わる。


たぶん、時代的にも、ネセレ時代よりもっとごたごたしていたリタントだし、
もうほんと、超幼少時代から、”王”としての、部分しか育てられていなかったんじゃないの…?とか思います。
成人のときのあの貫禄を見るに……



そして、そうやってファジルさんも、ネセレさんと同じように、
”私”をぼろぼろにされた人物なんであろう…ということ。

それに気づいている人が、
かもかてには一人います。

それはこの方


>ファジル様は生まれ落ちたその瞬間から、矢面に立つことを定められてしまったお人なのです。
幼い子どもといえども、ファジル様は手心を加えることはございません。
たぶん、己に為されたことと同じように。



あの、玉座の老女さんのお言葉です。

”たぶん、己に為されたことと同じように……”


…ここにそういう言葉があることからも、そういうことなんだと思うのですよね…。





ネセレをあんな風にしたのはファジルかもしれない。

でも、同じようにファジルをあんな風にした人もきっといて、

そしてその人をそういう風にした人もきっといて


そうやっていくと、原因を追い求めて上に上に世代を上がって行くしかなくなる。


外伝は、ファジルさんの時代から切り取られているから、
ファジルさんが、いきなり現れた歪みの根源っぽく"見える”だけで、
リタントの病理はもっと奥深~~~~くに、眠ってる…のだと思うのですね


しっかし老女さんいい女だなぁ…!

特殊に”見える"人を、”特殊な人”と思わずに、その人にも”普通の人だった”ことがあることを分かっている……
この人がネセレさんを愛していたからこそ、見えてくる視点なのかもですが…






2、ファジルさんがマクロの指導者である


ここも結構でかいのかもなー(’’*と思います。


組織の責任者って、小を切り捨てて、大を守る……なところをしなければならないから、
小だけ見ていると、すっごい非道な人に見えるし、

大抵において、”大”というものは”未来”だったりするので、
今だけ見ると、何をしているのか分かり難かったりしたり……
(そういえばCはここを逆転させてておもしろかった…)


ifで見ると分かりやすいかもですが、
何度も出してる通り、リタント、すごく、内乱が、おこり、やすい、よ……な不安定な時代だったわけで
(んまあ、かもかて世界でも内乱EDあるけど)

何よりもそういうことを起こさないことが、マクロの、共同体を守る人の使命なわけで。


んでも、そういうたくさんの人が死ぬかもしれなかった可能性……よりも、

人は、自分の知っている人が数人でも苦しんでいることのほうを、つらく思うのも事実(、、




この辺、糖衣の叔父さんが、なんであんなに怒ったのか分からない(byえつっちゃんルート)
って意見を聞いたときに、ちょっと思ったことなんですけど。


大抵の話で、マクロな人って悪役に出ることのが多いし(笑)(権力者だから)
そして、主人公側はミクロよりな人のが多いから、
マクロ、、、な人……を理解するには、自己経験か、あとはそういうキャラをたくさんみてるか……がいるのかも(、、*?とか思ったり。どうだろう。




でも、組織が大きくなればなるほど、
誰ーにーでーもーーー優しくーーーーじゃ済ませないことが出てくる…のはなんとなく感じられるところもあると思うのですけど。


でも、そうやって、
どうしても”大”を守ろうとして、小を切るうちに、綻びや淀みや、色んなものが出来てくる……

それがたまりにたまったときに、共同体パァンと崩壊するのとかよくありますが(´∩ω∩`;


が、ファジルさんはそこすら


前ので書きましたが、

国=王

と一点集中。全ての歪みすら己一人で引き受けます!ってことですねこれ。


王さえ打倒すればいい!という風にしている。


そして新たなサイクルへ循環させる。



血筋にこだわらない、
権威性を作っても、権力は滞らせない、


印持ちを王に、、、というルラントの遺言を、最大限発揮できるようなシステムをきちんと構築出来ているところが、ファジルさんすげぇ!と思うところです。




それに、、、なんというか、この人が、”小”を切り捨てたり、色んな人の”私”をぼろぼろにしている……ところもありますが、


が、、、ちょっと疑問に思うところもあって。



陛下とか見ていると……
陛下も陛下で色々大変とはいえ、趣味を楽しんでいたり、、、一時期とはいえ、”私”を見せれる相手に恵まれたり(クレッセね)
なんか、こう、そこそのにバランスがいい感じ。

ネセレさんだって、老女さんがいたり、後で悲しいことになるとはいえ、竹馬の友なローニカがいたり、、、


なんか、ファジルさんほど、無私で、孤独な人っていなくない(´・ω・`)?と思えちゃうのですよね。

ファジルさんが若かりし頃に、誰かいた(奥さんとか?)という可能性はありますが、、、でもなんだ、子どもへのあの感じを見るに、なかったんじゃ…と思わせられてー。



そう思うと、なんだ、この人が一番、”私”を犠牲にされてない…?と思えて。
下の代には、そこまでの犠牲を払わなくていいように、、、、なってないか?とも思えて。

その辺も、こう、この人、、、ほんとに残酷な人だったのか?というところに疑問があるのです。
ほら、育てたように子は育つっていうし





でも、まあ、そんな感じでファジルAGEAGEしてきましたが、問題もありまして。


それは、もうこの人超→ラン↓テ→なところでしょう(´∩ω∩`

どこがかというと、この”一人で全部背負っちゃう”ところ。

ランテの傲慢!(’’*ですね。ユリリエさんまじ的確。


必要なことといえ、とことん、一人でぜーーーーんぶ背負っちゃうところが、、、あぁ、ランテの気質ってほんとこれなんだなぁと思いました(´∩ω∩`



ファジルさんて、ああいう、生まれながらに追い詰められた立場じゃなかったら、
仕事は出来るけど、ちょっと頑固で、不器用で、ほんとはヘタレ(笑)な、ツンデレ親父なんじゃねーの!とか思うわけですよ…!(笑)


なーーーんか、ほんとはそのくらいの人が、
無理やり、ああいう立場に追い詰められて、
それでも投げ出さずに精一杯がんばって、

そして物凄くがんばってるけど、

やっぱり限界があって。

それで起こってしまった悲劇もたくさんあって、、、、



が、やっぱ外伝が、
胃にえるぼーとはいえ、私が本気で凹まないのは、

やっぱり次の世代に、そこそこ希望があるからなんですよね

だって、リタント、はタナッセ・ランテ=ヨアマキスを生み出すんだぜ…!(`・ω・´)!もう、それだけでもリタント万歳。
いや冗談じゃなくて。まじだ。


勿論、レハト様の介入が上手いこといかないと、悲劇になりますが、、、
でも、可能性あるだけまだましじゃあないか…!な勢い。
意外と、良い風にリタントいってるんじゃないか?と思ったり。




先代の憂いは、原因元探ってみてもほんと、先代、先代、先々代に上っていくしかないからこそ、
後代で、断ち切ることが必要になるわけですが、

こう見ると、ほんとタナッセさんは、断ち切るための正統後継者(’’*

そして、ユリリエはほんと裏主人公ちっく。
ヨアマキスだもんなー。ほんと外側。

いや、ヨアマキスだからこそ、見えてくるもの…って感じでしょうか。
ユリリエさんまじユリリエすぎてほんと参る。


と、いかん。ファジルさんから話がずれた。



えっと、ずっとファジルAGE!!な話をしてきましたが、



これ、外伝の構成の位置づけ的に、ファジルさんが、最ネガではないな…と思ったからで。


あ、最ネガ、最ネガティブってっていうのは、物語の構成上の立ち居地の話で、好き嫌い、の話じゃなく……っていうか、この辺の話は長い上に、別の話だからちょっと割愛しよう(´∩ω∩`;

あ、勿論これ、『つーーーーらい過去があったんだからーーー、ひどいーーーことしてもしょうがないよーーー♪』的な話でも全然ないです(’’*


どっちかというと、感情移入の視点と度合い、仕方の話って感じかな……。
あと物語構成上の立ち居地の話。



ファジルさんが歪みの全ての原因ではなく、そのファジルさんも、老女さんの言うように、
元々は、普通の人(ネセレさんとかと同じ)だった……ということは、

ちょっと頭の片隅にでも置いて読んだが、いいかな…と、外伝読んで思って、



んでもちょっと、
書かれ方や、視点の取られた方、時代の切り取られ方的に、
感情移入のしづらいキャラでもあるかな…とも思ったので、

もうちょっとし安いような、視点提供ができればいいなーと思って書き始めたのですが、、、どうだろう、、、なんかずっとファジルAGE!!!してきただけな気がする(´∩ω∩`;;;;



他のキャラのことはまた別のでー。

あと、構成の話は、またどこかで機会があれば出来るといいな……(大抵において、主観との違いが分かりづらいと思うから…)

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。