タナッセさんとユリリエ ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2011年03月03日

タナッセさんとユリリエ

世界に抗う人と、世界をほくそ笑む人
タナッセさんとユリリエ…だいぶ前に描いたもの。いまだこの二人が描くの一番苦手だ・・・!
ぎー時間ねーんじゃきー!となりながらも…タナッセさんとユリリエのことが語りたかったのです。
語り飢え飢え。


うーんなんていうかこーこの二人はおもしろいなぁと。


この二人って、愛情ルートわけわかんなさTOP1,2じゃないかと思うのですよね(笑)(次点、ティントアあたり?)


タナッセさんは、王道の喧嘩カップル、雨ふって地固まる……と見せかけて、どっか展開変だわ
(ストックホルムかと思うくらい(笑)レハトがまじ電波な感じだったり


ユリリエは、なんかよー分からん哲学してるし(笑)(本当の愛とか、ほんとの意味で分かっている人なんて、この世にいないんでない?とか言いたくもなっちゃう



で、なんでこの二人がこんな分かりにくいかとうと、

この二人の視界が、普通の人と、かけ離れすぎてるからなんだなぁ…と









タナッセさんとかですね、え?なにそれ?ってくらい見ているものが違うくて、

こんなんわかるかああああああああああああ(ノ`□´)ノとも言いたくなるのですよ…(笑)



そもそも、愛情ルートだけじゃ分からないし、
うーん、タナッセさんは全ルートいるかな……。

重要イベントが各所に分散しすぎ。


そして、それをつなぎ合わせないとだめとか、ほんとどんな推理ゲー!


そもそも、かもかてがなんで物語を語りにくいゲームかっていうと、心理描写がほぼないのですよね。

攻略対象はもとより、レハトの心理描写すら省かれるんで、

その辺はユーザーが補間しないといけないという…!つら!



だから、比較的素直ーな作りの人は分かりやすいのですけど、そうじゃない読解難易度トリプルAな人達の話は、ほんとわっかりづら…!

これ、初読じゃわからんからー!わかるかーい!(若干やけになっていますこの人


でも、そういうゲームで、こんな話を展開したoumiさん、すごいチャレンジャーだなーとも。
うーんすごい。



そして、その話が、頭で理解するのは難しくも、体感では理解できている人がきっと多い…(じゃないとタナッセさんとかあそこまで人気でないと思うし)


なんか、愛情EDって、開放感というか、なんか分からんけどよかったな!って感じますよね(笑)
あれあれ

もう、あれさえ感じれればOK!


前に糸井さんたちの対談を載せましたけど、

正直、ほんと体感理解だけでOKなんだと思うのですよね。体ってほんとあたまいーのね(’’*



でも、誰かに伝えたり、何かにおとしこむとなると、頭の理解がけっこー必要になってくるわけで…


だから、考察や、創作だと、
このキャラはなんでこう思ったのだ?とかこのきゃあrはなんで、こういうことをしたんだ?っていうのを考えていかないといけないからこそ、

疑問がでてくるのかなぁとか


タナッセさんのあれあれとか、ちょっと間を置いて出た気がするんで。あの愛情ルート展開へのツッコミというか、疑問というか。


いや、そもそもタナッセさんの言ってることもすごい誤解しやすいことばっか言ってるから…(笑)
(おのれー!と思う(笑)


どうしてお前なんぞの額にそれがあり、私の額にはそれがないのか。

そんな逆恨みだ。八つ当たりだ。



とか言われたら、八つ当たり話だと思うわ!うりゃ!(`□´)ノ

いや、そういう気持ちがまったくないという話ではなく、

それが彼の抱えている問題の根幹か、枝葉か?って話で、

この八つ当たりらへんは、枝葉である…ということ。

彼が見ていた問題は、彼しか気づいていない…っていう台詞がありますが(この台詞すごい重要。ずーっと意味がわからないって言ってたのですが、まさかここまで重要とは思ってなかった…

そして、結局のところ的外れではあるっちゃーあるとは思うのですが、、、

でも、その的外れさが、もうひとつのこの国の病理を解決する…ってところが、うーんすごくいい話だ。愛情




タナッセさんの話を、ものすごーーーーく普通の人の話におとしこむとすると、グレオニーになるんだろうなぁ…と。

グレオニーの憎悪と、タナッセさんの似たもの同士、印と才、あたりを比べると、その違いが歴然で。
(あのグレオニーのぐじぐじ感と、積年の想いあれど、どこかさらっとしてるタナッセさんの違いが歴然

昔、この二人は共通するものだと思っていた自分が恥ずかしい・・・(´∩ω∩`
どっちかというと、対比させるべきだったんだなーと。



神業への動機とか

前のタナッセさん語り(このへん?
で、ちょっと言っていますが、

イルアノさんとか、southのあの人と同じ動機だったのではないか?ってこと


つまり、印という絶対の呪いを打破するために外(異端の魔術)に手を出したのではないか?ってこと


だから、人気投票コメント欄にも、そういうこと書いてる方がいて、遠方から握手を(´∩ω∩`



でも、じゃあなんで、そんなことしてるの?しなきゃいけないの?って疑問があって……


うーんいや、この辺のタナッセさんは、視界がすごすぎて、ほへー(’’*となります。
やばい、親友とか無理かも……でも言う。



タナッセさんみたいな人の王道ストーリーだったら、

印コンプレックスの王子さまが、印を求めた話…ってなるのに、そうじゃない。

能力的なコンプレックス持っていても、実はそこまでじゃなく(この辺がグレオニーとの対比ポイント)
まあ、ディレマトイ先生ですしね。才能豊かよね。


だからって、高スペックの人が、認められたいがために、証を求めた話……っていうのも違う。


違うっていうか、さっきもいったとおり、そういう気持ちはありはするんで、そうも読めちゃうところがすっごい罠(´∩ω∩`;なにこの罠


外伝でも、印があれば……みたいなこといってますし。すっごい罠。


いや、それも、この人が、すっごい頭がよくて、自分の抱えている問題の本質がどこにあるのか?っていうのを、明確に分かっちゃっているのですよね。

だからこそ、展開が普通と違ってくる。


もっと、単純な人だったら、印があればーーーーーーーーーーーーっ万事解決☆だから印ゲットだぜ!とか思っちゃうような話になるのに…(笑)




そうじゃないことを、よく知ってるし、そんなことしても、どうにもならないことも知ってるし、
その問題もよく理解していて……頭よいのだなぁと。


頭いいっていうか、見ているものが違いすぎている…というか、



ちょっとスケールが違いすぎるけど、カエサルとか読んでて、

この人がガリア征伐にいくのとか、目的を理解している人とかほぼいないのですよね。

いや、だってヨーロッパを作る!とか!!
分かるか!!(笑)まだ紀元前ですよ(、、?


その広い視野や、目的意識が分からない人は、ただの私利私欲とか言っちゃう。


じゃあ、分からない人達が馬鹿なのか?っていうと、全力で否!!なわけで。


だって、キケロとか(大好き!)すっごい頭いいのですよね。
今でもラテン語の完成者とか言われているすごい人で……、でもそんな人にもわからない。

ポンペイウスとかも才能すごいですよね。
あの鮮やかすぎる海賊一掃作戦…!
神!!っていわれるのも分かる。まっさに印持ちーとか思います。



でも、分からない。


それは、もう圧倒的に視界が違いすぎているからで……

こういうのは、頭の良さや、才能のありなしじゃないんだなぁと……。


まあ、カエサルはぶっとびすぎてるのでね・・・w
なにせ、あのローマを…あのままだと滅び行くだけだったローマを、新しく作り変えたのがこの人で、、、
死後のほうで、さらにカエサルの偉大さが分かってきて、ひー!となります。

ほんとに偉大な人って、死後より、その存在感がわかるのだなぁと…


そこと比べちゃうと、タナッセさんとかユリリエのがまだ普通ですね…w当たり前だけど…!(笑)


うーん、そしてユリリエ。

タナッセさんがすごいすごいすごい、といっていますが、正直、横に彼女がいると、タナッセさんすらかすむわ・・・!(笑)

この子の問題の見通し方や、そしてやらなければならない事の取捨選択っぷりは、ほんとにやばいレベル。
えーっと、ほんと、誰に似たのよ…!


彼女が、なんで本当の愛なんて求めているのか、
そして、なんで友情ルートでは、そんな話が全然でてこないのか。
なんで、友情ルート最大値イベントの数々がああなのか。


これが一本線としてつながったとき、ひーー!!と思いました。
てか、とあるイベントで、すごい事いってるよ、この子(笑)

そりゃー確かにティントアとも気があいそうよなぁ……



んで……
陛下のユリリエや、タナッセさん評とかを聴いてると、あー陛下はやっぱ分かってないのだなぁと……

いや、自分は、領主レベルの器しかない…といってらっしゃるのは、結構正しい自己評価じゃないかと思うのですね、

陛下も、ほんとは、王として、何かを為さねばと思いつつも、何をすればいいか分からない…とも言ってるので。


領主レベルでも十分すごいでないか(`・ω・´)と思うけど。


でも、圧倒的に視界が違う人ってのはいて……


陛下のユリリエ評、本当の愛を求めるのは、少女の一時期の夢?みたいなもの……ってほんと全然わかってないのな…!!!

だからこそ、ユリリエは、陛下にだけ、ちょっと嫉妬でめらっと闘志燃やしてくれるけど、その辺もあるだろうなぁと。

いやー普通ーわからんよね……(笑)
私も戦慄しました。

ここで こんなに労力さいたのに!(笑)
ちっきしょう!!(笑)


いや、こういう驚きならどんとこいやーだけど…!!


そして、タナッセさんのことも・・・・

『人として、王として』、で
持たざる者は求めてしまうものなのか…とか、息子も捉えられた…とか言ってるところ見ると、分かってないのなぁと……うう、違うんだよ陛下ー!

タナッセさんはもっとすごい人なんだよ陛下ー!

てか、殺害Aとかだと、ほんと理解者0なのかタナッセさーん!!(ノへ
(いや!モルがきっと!……いや特に分かってはいなさそうかな…!)



うーん・・・

で、でもさ・・!

でも思うのだけど、、、、


じゃがいもと、にんじんと、たまねぎと、お肉とカレールーを用意して、




カレーっぽいの作られたらカレーだと思うじゃん!!!!(笑)

カレーだと思っちゃうわ!!きしゃー!(`□´)ノ




とも思うわけで・・・(笑)




陛下もカレーだと思っちゃった人なんだなって……こういうと、あほ話ぽいな(笑)



まーこれはヴァイルも一緒ですが。
印持ちって、結局は、才能は豊かな人であるけど、ヴァイルも陛下もけっこー普通の人なじゃないかなーとかよく思います。
(普通の人っていい方だとあれだが・・・
感覚が普通の人…?うーんこの言い方もなんだかな…(´` )

いや、むしろ、普通の人にオーバースペックが付与されて起こっている悲劇ってかんじか……



んで、視界が違う人達は、わかりにくいにプラスして、
プライベートがぼろぼろになる(笑)



タナッセさんは言わずもがなですが、ユリリエもけっこーぼろぼろですよね。尻軽女扱いだし。
目的意識が別のところにある人は、取捨選択が極端になりやすいから…
タナッセさんがそれを捨てたタイミングは結構重要なんかな……いや、あれはやさぐれただけとも……(笑)



うーん、結局はほんと、どこに問題の本質があって、どこに目的意識があるか?って話になるんだなぁ…うーん(、、なんか中途半端だけど、ここで終わろう。

久々の長文でちょっと満足!
語り | トラックバック(-) | CM(0)
[edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。