やーりーたーいー ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年11月08日

やーりーたーいー

パンデミックやりたーーーい!やりたーーーーーーい!(ごろごろごろごろ


ううう、ええ出来ませんうちのPCでは・・・。いや、このダンボールに入ったPCを出せばいいのよそうよそうなんだけども!!

くそう・・・!じりじりするぜ・・・!!


そんな思いを少しでも発散するために…いや楽しみでずっと待っていた!完成したの知らなかった!

エニスの商人やってました。

はまりました(あれーーー


お、おかしいな・・・ちょっと気分転換のつもりが・・・。

もともと、出稼ぎ奮闘記大好きな人だったんですが(でもまだ全ED見てない・・・見ねば・・・)

楽しみにしていて、いそいそやったらうん・・・!お、おもしろーい!

いや、こう、ストーリーも王道で(いやびっくりポイント&感動ところもあるけど!)システム的にもツクールの機能を丁寧に使いつつ、工夫してあるんだけど、斬新!ってわけでもなく……でもでももう三周したぞ…!そんな周回プレイいるゲームじゃねえしこれ!

今年は結構フリゲやったなーって思ってたんだけど(軽く10個はこえてる)
これが一番好きだなー。もう大好きーー。

ちょっとタナッセさんに煮詰まっていたので(タナッセ煮込みか)
これについてぼちぼち語ろうかな…!


いや、内容的には書くこと決まってるんですが(タナッセシリーズ)
なんかこう筆がのらずに( ´`)?うーんとなっていたんですけど

このごろやっと光が見えてきた…!そ、そういうことだったのかーー!ありがとうNHK!(何だ

あ、あとここの対談とかも読んで感動&納得しておりました(、、*糸井さんらぶ

いや、ほんと素晴らしい対談なんで…ちょっと長いけどおすすめ


んで、これ読んで、そういえば、自分はとある方がいってらした
何かを感じたときに、すぐに言葉になんでもしてしまっては、最初に感じたふわっとしたもの、その大事なものを潰してしまう

っていうのを、信条にしてたなぁ…としみじみ思い出してみたり。


色々と悩んだ二ヶ月だったんですが、なんだなんだとアンテナはってると答えのほうから飛んで来てくれたりして、そこがおもしろいなぁとヾ(*´ヮ`)ノキャッチ!これでなんとかなりそうかなー?



あ、そういえば、かもかても更新ありましたね!

トッズルーさまのやつ見てきましたけど、湖渡れるぜふふん★なレハトさまつえー。こえー
このレハトさまなら、駆け落ちしてもしぶとくやってけそうな気がするぞ…!

ついでにトッズルーさまの嫉妬みようと思ったら……あれ、
これってもう出せないんでしょうか…?
別れの挨拶回避したらいけると思ってたんですけど、トッズが護衛ついた途端、ルーさまにばってんが(´・ω・‘)あれー?
それとも別に抜け道あったりするのかな…?


あ、あとタナッセさんの反転判定の修正も
そうかーーーー。あれ私的にそこまで違和感感じてなかったんで、別にいいんじゃないかなーとか思っていたんだけど

慌てっぷりも好きじゃなくてもあれはびびるだろうし…wホイミンもレハトが好きだからキスしたわけじゃないだろうし…でも最終日一方的に断られるとちょ!(笑)となるが。

でも、友をめっさ下げたヴァイル愛情で、玉座を挟んでおこしてヴァイルに冷たくされたあとに湖上の約束出すような、その程度の特殊状況!(笑)だったんで、まあそこまで……


あ、でもレハト視点から見ると、はあああ!?なんなのさ!?になるか、そうか。

レハト視点って素で忘れるから困る…!いやだって…レハトだし。

あ、あと久々にTWについてもちょっと書きたかったんだけど、それは別記事でー。あ、あとSHも!ジャケットきた!

追記から拍手返信をば!更新ない日もいつもありがとうございまーーーす!






>かぼち様
あちらでも拍手でいいましたがこちらでもー!ほんとまさか塩野さんに反応いただけるとは!
拍手ありがとうございますかぼちさまーーーー!!

もうほんとやばいですこれ、いや素晴らしいのは知っていたのですけど、もっと早くに読んでれば…!となります。おもしろすぎる!

今3巻に突入したのですけど、グラッグス兄弟にぶわっと…!!
私先見の目があって、でも周囲に理解されずに、志半ばに倒れる人とか弱くって……っ
……実をいうと、タナッセさんもそういう人なんだぜーと書こうとしているのがタナッセシリーズだったりします(´∩ω∩`)ねたばれり


非キリスト教の視点、なるほどなるほどです(、、*
ちょっと調べた感じ、キリスト教と絡めたこの本の評価(その非キリスト教視点)が結構でてきたので、そういう視点はやっぱり斬新だったんだなぁと
著者の方がイタリア在住だからこそ、見えてくるものもあったんでしょうね(’’*
だからといって、変にキリスト教に囚われていない(非キリスト教の視点でやるぜ!と意気込めば意気込むほど、逆にそれに囚われやすくなるんで)あのナチュラルさがいいなぁと思いました。

キリスト教以外でも、今までのよくある一般論(勝者の驕りさ、とか保守の頑強さとか)で流されるものを、本当にそうなんだろうか?と突き詰めている姿勢がいいなぁと思って読んでおります…いやほんと良すぎて逆に読むのが勿体無くなるレベルだ…!(笑)じっくり読みすぎてちっともすすまなーい!




>大樹さん
わーい!(*´ヮ`)もう一度読みましたが、もう、これ大好きだーー!!ありがとうございまっす!
もうちょっとキリのいいところまで書いたら(あと三つくらいかな…(なげえ!
こっちでも宣伝させていただきたいです(*´v`)いいでしょうか…!
ほんとにほんとに感謝感謝です!書いてよかった!
かもかて雑記 | トラックバック(-) | CM(0)
[edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。