がいんでんでん感想① ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年08月04日

がいんでんでん感想①

なんかずーっとためてた外伝の感想とかを。
ずーっと書こうとは思ってたのだけどね…!
なかなか読み返す時間がなく…!

前どの辺まで書いたかなーと思ってたけど、なんか\キアノー\キアノーっ/キアノーッ/とか言ってたのは覚えてるのだけど……

とりあえず読み直してもう一回だらだら書いてきます(、、*







ヴァイルがつらすぎて生きてるのがつらいよ外伝……



いやもうほんと、つ、つら・・・!鬼つら・・・!!なんだあの崖っぷち人生。きつすぎるだろーー


ヴァイルといえば、最初の起点はお母様が亡くなったことですよね。事故で。
……うん事故で


いやほんとに事故だったとは思ってます。足をすべらすとかよくあるし、出産中だったし。
でもね……状況的に自○とも思えちゃうシチュエーションなのがきついなーと思います。

残された者は推し量るしかなく、もしかしての可能性を打ち消すこともできない。

さらに、彼女はそうするだけの理由がありすぎましたし(´・ω・‘)
確かあんまり地位高くない貴族さんで、権力闘争とかには超向かない人だったらしいですよね(リリアノ様談)

だから、あの時も心労を考えて、一時ランテ領に赴くことを許された…っていう。
お城での心労を考えると、ほんとそっちの可能性を否定できないところがつらい……


その可能性が、イルアノさんとヴァイルに大いなる陰を残すわけで……

イルアノさんにとっては、自分と結婚しなければ…という想いがあるだろうと思うし(
ヴァイルにとっては……

父さんはおこってるの。ずっとおこってるの。ぼくがいるから、母さんといっしょにいれなかったから

これ死ぬほど痛いのですけど…!!
そして、そして、お城での心労を考えると、
ヴァイルは自分の存在のせいで、母をお城に縛り付けてしまったと考えてもおかしくない状況なわけで……

つらっっっ!!
(えりにーすさんにダメージ500ボルト)

そしてそういう可能性に気づけないほどヴァイルは鈍い子ではないのがまたきっついのです。
そのころはまだ分からなくも、ちょっと年を重ねれば気づくよね…

そしてさらにイルアノさんまでもが海に出航ですよ…!!
この彼の動機も明確にされてないからこそ、さらにヴァイルは疑念に取り付かれるしかないじゃないですか。

もしかしたら、父も自分が追い詰めたのかも…とか
母がああなってしまったことで、父から恨まれているのかも…とか

ヴァイルのイベントで、イルアノさんを自分のせいでお城に縛り付けてしまったとか言ってるのありますが(雨イベントだったかな)
ヴァイルはやっぱ、自分のせいだと思ってるのですよね…(´・ω・‘)つらいぜ。
さらに、自分のことを見ていない感じがした、とか言ってるのもありますし、↑の言葉もあわせて、恨まれていた疑念もやっぱありそうだなと…


外伝読むと、イルアノさんが深くヴァイルを愛していたのってすごく分かるのですけどね。ほんとに。
でも……物事は両義的なんだよな。それこそがかもかてシステム



んで、

たぶん、この辺でヴァイルはとある疑念を持ち始めるのではないかと思うのです。
それは、
自分の近くにいる人は幸せになれないのではないか…?
ということ。



でも、この時点ではまだよかったのですよ。
ばあやがいるし。
タナッセさんもいるし。


なのに……ばあやが、うおおばあやああああああああああああ(ノへ


このときのお葬式の伯爵の台詞がひどすぎてどうしよう。

いや超正論なのです。彼は正しい、

彼は正しい人で、優しい人で、いい人で、そしてひどい人でした。(byティントアさん)

な感じです。

だって、

ヴァイルさまのために故郷に帰るのもやめて城に残ったのですよ

というのは、

ヴァイルさまのせいで故郷に帰ることもできず、この城に縛られて死んだのですよ


というようなものじゃないですか…!

痛い、痛すぎる……そしてその後のヴァイルの反応で、ヴァイルが後者的に解釈していることがすごくわかってまた痛い……


「……帰りたかった?」
「ヴァイル様がいらっしゃらなければ、きっと」
「分かった」


とか痛すぎ……。
自分のせいでばあやが…と思っちゃうに決まっているじゃないか…!

状況だけ切り取れば、わがままな子のかんしゃくなんだけど、ヴァイルにセッティングされているもの的にそれだけじゃないわけで。
でもこの伯爵さん目線からじゃ分からないからしかたないんだけど……


これでヴァイルの自分の近くにいる(つまりはお城に縛られる)人は幸せになれないんじゃ?疑惑がさらに高まったと思うのですよね。

そ、そして、さらに追い討ちをかけるようにミラネ事件が起こるのですよ…!ぐはーーー


実際、ヴァイルのそばを離れて幸せになったミラネの報告、
もうここでヴァイルはきっと

あ、やっぱり自分の傍を離れたら幸せになれるんだ、

って思ったと思うんだよなああああああああああつら・・・!!

その後の、心から安堵するヴァイルにはそういう想いが見えて・・・つ、つらい・・・よ・・・!!



とと、ちょっとヴァイルに焦点絞って語ってきましたけど、タナッセさんねタナッセさん。
えーっとまあ次でいいか…(後回しかよ

語り | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。