愛とはなんぞや ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年01月28日

愛とはなんぞや

というわけで続き、今日は愛について語る!

ずーっと、かもかてに置いて(あくまでも、かもかてに置いて、ね)

愛とは、憧れであり、尊敬であり、なりたい自分像であり、その人が一番求めている物を満たしてあげることである…みたいな事をいってきましたが、


なんで、その人が一番求めている物が、なりたい自分像になるの?って質問をいただいたので、
もちょっと噛み砕いてご解説(`・ω・´)


まあ単純な話で、

空が跳びたいーって人がいたとして、

その人が翼(求めている物)を持った鳥をみて、いいなぁ…と憧れる、みたいなそんな感じです。



そういう目線で全員の愛情上げを見ていくとわかりやすいよねっと。
てことで続きからー








まず、愛が尊敬で憧れでーの一番わかりやすい例はサニャちゃんかなと思います。

レハトさまは凄い!っていう言葉と共に愛情上げてくれることが多いですし(''*ね


あとはヴァイルもかな。
ヴァイルで象徴的なのは例の地雷ワードだけれど、
ヴァイルは自由を求められない、ここにい続けなければならない自分に絶望してる子なんで

だから、そんなヴァイルにとって、ここにいたーい!お城たのしー!アネキウスさまありがとー!なレハトさまは、そりゃ、憧れるし、尊敬するし、あんな風に思えたらいいなぁ…と思える相手だと思うのですね


あとはモゼーラさん!
何度か、彼女は自信満々に思えて、ほんとは自信がない人…みたいなことを書いたのですが、

だからこそか、彼女は自分の背中を押してくれるような人に愛をあげてくれる感じで、

そういう風に自信をつけたい!とも思っている感じがするんですね

(うーんやっぱ愛情ルートは、自信や、信じること がテーマになっている人が多い感じがするな…


そして、あ、トッズもわかりやすいかも。

トッズはまあ…ああいう職業柄、一心に自分のことを慕ってくれるレハトに惹かれるのって、すごいわかるというか。
まさにレハト様の純粋さに憧れている感じ。

あとユリリエ。
彼女は真実の愛を求めながら、なかなか愛を信用できない子なので、
だからこそ、愛を信じてどこまでもいく子とかに憧れてる感じ。あと、愛に誠実な子。
でも、恋には誠実じゃなくていいらしい…!w>恋とはそういうもの
まあ、あの変の解釈はちょっと長くなるので置いといて…。



あとはー双子と陛下はちょっと説明長くなりそうだし、グレオニーは憎悪と対比したがわかりやすそうなんで置いといて。


ローニカは…この前これのために一心同体プレイやってきたんですけど、友と愛が上がるところが物凄く絶妙すぎて、なかなか…難しい…!
この辺、年齢を重ねた複雑さがまたよくでてると思うのですけど(''*

まだまだローニカ研究は足りてないなぁ…っていうか、タナッセさん以外はまだ全然。

なんとなくの印象だけど、やっぱぼくが家族だー!とか言ったりなのが印象に残っているから、自分を道具のように扱わない…人…(、、?かつ仕えられる主人、かつわかんなーいな頭ゆるい子で…。あ、なんとなくわかってきたような気、も、する…!


んな感じで、じゃあタナッセさんはーというと……


印象的なのが、泣いたりだとか、言葉つっかえて上手く文字読めないだとか、強行突破だっとか…

な、なりたいのか、憧れてるのか、こういう子に!?いや、君は王様の子として相応しい子になりたいんじゃなかったのー?!とか思って、

そういう憧れ像だったら、憎悪のほうがしっくり。
→あの憎悪って愛なんじゃね?とか言っっちゃったんですが、とある基準でこれはやっぱり憎悪だと確信したんで、違う。


じゃー憎悪はなにかっていうと……時間だ、続きはまたー。あと嬉しいツッコミいれてくださった某乙女派の方への返信もまた!とおのおれだけっこんしてくれ
語り | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。