終わる気がしないんだがどうしよう。とりあえず書け ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年01月22日

終わる気がしないんだがどうしよう。とりあえず書け

思い出した!

なんか、弱い子好きじゃないんじゃない?でもう一個思っていたところと根拠あったよなーと思いつつ、なかなか思い出せなかったのだけど、告白条件で思い出した!

友情が足りずに、好愛20↑の反応ですね

回想モードだと、バグってるので違うものになってるんですけど(だからあれ違和感あったんだよー。あとで報告せねばー
確認のためにプレイしてとってきました(`・ω・´)<僕親友のためなら火の中水の中!


このときも、私なんかが力になれないーだとか、
やっぱり自分を信じることができずに、弱い子守ってあげれないんだな、って感じで。(で、こういうとこが、ヴァイル相手にも適応されてると…ふむふむ)


このヘタレ!とか言いたくなりますが、ある意味誠実だなーと思うんですよ。
ふぃ、フィルターじぇねーから!ちがうから!く、曇りなきこの印友300の眼でだな…!(それがフィルター


弱いことがコンプレックスな人が、そんな自分よりもっと弱い子を守ることによって、自己確立するのって、なーんか根本の原因(自分のヘタレさ)から目を逸らしてるだけな気がするんで、
だからかっこ悪いと思ったんですね(´・ω・`)


(そこから、自分にも守れるんだ!と徐々に自信をつけていくストーリーならありかもだけど。
でもその前に自分なんて…な人なんで、絶対に守る!までいけないってとこが…。
ああ、だからこいつには任せてられない!ってやつが出てくると、絶対に守る!ってなるのか>憎悪A
ん、でもやっぱ根本問題解決しないから、幸せにはなれない……あーもーどーどー巡りだなーもー!(笑))


だからそこに甘えてないタナッセさんはある意味誠実…いや、自分の力信じれないせいだからやっぱ…あ、うーん(笑)


それを考えると、クレッセさんは正攻法愛のタナッセさんじゃないですね。ちがった。
リリアノさまはクレッセさんより弱くないしね(笑)ちがった。


あの好愛0以下のときの反応もなかなかのチェックポイントだと思います。
てか段々、彼の全好感度分岐を意味つきでなんちゃって解説とかしたくなってきたよ…(笑)だ、誰得だよ…!

っての前に、前にずれちゃった神業条件話の続きー









ええっと、ヴァイルの好愛稼ぐと神業起こらないうんぬんの話がありましたが、

かもかてならではで、あらゆる条件が重なると、たくさんの例外が作れるので。
そこがこういう考察ネタにはほんと難しいところなんですけど、


ヴァイルの好愛稼ぎつつ、神業起こすのって普通ーにできますしね。彼の友削りまくれば
(もともと友マイナスでもあるし

でも、そうすると、ヴァイルの嫉妬イベントの時のような、彼はすごーーい微妙ーーーな心境、ぶっちゃけ板ばさみちっくになるわけで(苦笑

他にも、ヴァイルの好愛そこそこで、彼の好感…この場合は好友ですね
をそこそこ稼げば神業回避できるし



で、じゃあなんで友上げると回避できるんだ?と

やっぱり友情築いた人には手は出せない?
いやでもヴァイルの好愛下げたり、憎悪がんがん上げまくると普通に起こるぞ?
いや、特殊な状況ではあるとは思うんだけど。


んでもこれって、
彼の友が、印持ちへの共感だからこそ、なのではないかと思ったのです。

友情=印持ちへの共感=印持ちだって自分とかわらないんだ!と思える と彼が受け入れることができる→友情EDへ


って感じで、
友情EDのことを前、印持ちと自分は違うけれど、自分は自分で~なルートとか書いたけどここも違って(笑)

これはやっぱり、初めての共感できる印持ちと出会うことによって、

印持ちだって自分と同じなんだ!印があったって、なくったって、かわらないのだ!という
彼の根本の問題にきちんと向き合って、そして歩いていくEDなのではないかなーと。

うん、やっぱり友情B最高(ry ぴーぴぴー




で、彼の憎悪は、逆に自分と違うところ(嫉妬するところ
だからどんなに友情高くても、憎悪(違うと感じてるとこ)のが多いと、神業はおこる、

さらに友までマイナス(共感できるところすらもない
だとさらに 印持ちとは自分と違う感が進みまくって起こる



つまり、彼が解決すべき問題は、彼が自分を許せるようになるための1ステップは、



印持ちは自分と違うのだ、と思ってる問題を解決すること


だと思うんですね。やっぱり。


外伝でもこの、印持ちと自分は違うんだ病が徐々にひどくなってきてますが、

友ルートのように、愛情ルートでも、彼がその問題に向き合って、解決することが重要だと思うのです(`・ω・´)


んでそこで思うんだ神業


なんていうか、あそこのタナッセさんてちょっと変だよねって


いや、いつも変(ryげほんげほん、 じゃなくて(笑)

なんというか、彼って超慎重派であって、
石橋を叩いて叩いて、大丈夫か?大丈夫か?と思いながらびくびくわたるような人なんだと思ってるんですけど。



でも、あそこでドゥナットさんから、レハトさまが死ぬかもーといわれたら超動揺してる。


ドゥさんも、ツッコミいれてますが、
失敗したら、そもそも殺さなきゃなこと
普通のタナッセさんだったら分かるだろうし、承知の上になると思うんですよ

でも、タナッセさんは、いや死んだら困るっといいはる。


本気で私利私欲で欲しかったら、そもそも殺してでも奪い取るでいいはずだし
しかも本気で憎んでる相手だったら
(まあ、そういうルートもあるけどさ…(笑

でも、超動揺していて、




つまり彼は、

あんなことで、印持ちが。あの印持ちというすごい存在が、死ぬなんて、ありえないことだと思っていたんじゃないか?って

これさーーーー外伝待ちだったのですが、そーもいってられないのでもう書いちゃいますけど。

一年前のヴァイルの大怪我事件。

あれで、とんぼ帰りしたタナッセさんだったけど、ヴァイルは無事だったじゃないですか。

あそこでさらに、
ああ印持ちはこんなことでは死なないさ…

印持ちは自分とは違う感を進めたのかなとか、
勝手に予測してるのだけど
(外れたらわーーらお☆


だから、そんな感じで、

あの時はじめて、

ああ、こいつも、死ぬんだ、

ってのを実感したのかなって。

(この辺遠野さまとマスターの話にあって首を縦にぶんぶんとふってだなry



この神業のあと、抱えていくじゃないですか、

その時初めて、この自分と全然違うと思っていたものが、

自分なんかより、全然軽くて、
普通に傷ついたり衰弱したりする、普通の人間である


ってことを、彼が分かったんじゃないかなと。


そしてそこを考えるとね、
その後の、与えられるべき~の変な反転もなんか納得いくんですよ


あれ、変だよね?って話を某NWYさまと話したことがあるんですが(某の意味ねー!(笑)


あれ、
好友を31(反転ポイント)まであげてる場合、
愛情だけ反転する

好友ー31だと、愛情と共に、友も反転。

っていう、なぜそこで、友がマイナス反転しないの…?+にはするのに。
な反転の仕方をするんですね


言葉では、お前わけわからんとか言ってるのに(笑)(この辺ほんとにこの人はさー。本音中の本音いわないっていうか、自分でも気づけてないっていうか、鈍いっていうか、なんていうか

これ、友が=印もちへの共感ってことと合わせると


印もちだって、自分と同じなんだ!と思えたことが、あの嫌悪反転かなと思うんですね。

そして、好友31がの場合マイナス反転しないのは、
印もちへの共感<印もちへの嫉妬 で神業が起こるわけだから
その後その嫉妬の心が氷解するだけなので、共感は特に微動だにしない、と


と読むと、結構はまらないか(、、?と思ったんですね
(あの時の話だと、助けたことに共感するんじゃーって話でしたよね。そっちもあると思うー


っていうかですね、

あそこで助けるとか!

私的にすごいことだと思うんですよ。

だって、もしかしたら、死ぬくらいまであの実験やっていたら、奪えた可能性は0じゃないわけですよ。

しかも助けたら、絶対自分告発されるだろうし、そしたら死刑だし。

そこが分かっていないタナッセさんじゃないと思う(ドゥさんにも指摘されてるし)

それでも助けたってことは

彼が、自分の夢より、自分の命より、
レハト様の命を優先した!ってことじゃないですか。

それってすごいよね。って思うんですよね


え、臆病だから、殺すのが怖かった?NO!
ほんとの臆病者というのは、最初に自己の保身を考えるのです(`・ω・´)


だから、一番戸惑ったのはタナッセさんじゃなくてレハとさまだと思うんですよね

え、なんでこいつ自分助けるの?
馬鹿なの?
死ぬ気なの?
そういう嗜好の持ち主だったの?(爆


ってなったのはレハトさまだと思うんですよね

だから、与えられるべき報いで、
タナッセさんに、何故言わないだとか、くだらない情はかけないで貰おうかとか言われた時


それこっちの台詞じゃーーー!となってるレハとさまが私は浮かんだ。とても浮かんだ(笑)


その後の結果と後悔でもさ、
お前を助けたの後悔してるーとか、相変わらずそういう否定台詞いってますが
レハトさまも、もうそれを見抜けるようになってる…あーこれは印友反転か、もともと高いじゃないと説得力ないかもですが、

そういう時のプレイでは、
ああ、この人はこうやって、いつも人を遠ざけようとしていたんだな

とか完璧に見抜かれてる感じがして(笑)


だから、レハトさまが惚れる分にしては、さほど違和感がないんだけど。いやこの話も長くなるんで、置いといてだ…(笑)(なんで脱線するかな


そうやって、印持ちだって、自分と同じなんだーと思えることによって、そしてなんで自分を信じるところまで行けるのか…

それはーーそのーーーなんとなくはーーー分かるんだけどーーーーー

なんかまだ綺麗な読み解きができていない(´・ω・`)言語化できてないというか。
もうちょっとこれを軸に色々考えて、違うと思ったらまたかえて、またつかめたらもうちょっときちんと言語化したいですがー。



まあこんな細かく考えなくてもタナッセさんのストーリー自体は単純な話だよねって思うんだけどあー
そろそろちょっと時間なのでまた!



これ、終わるのかな…(段々とおい目になってくる


語り | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。