タナッセさんかたーりー。親を見れば子はわかるよ編 ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年01月18日

タナッセさんかたーりー。親を見れば子はわかるよ編

うおおすごい理想的なツッコミいただいて私歓喜!

書きながら、ツッコミどころばかりだなぁ…と思いつつ、ツッコミ待ちの姿勢だったので(大抵私は自分の考えをあんまり信用してない人なので…ってこういう所が似てるのだろか、ほんとめんどくさいよね(´・ω・`)私そっくりなんだ。印友300だから。かわりに謝る。

てか遠野さまのもマスターのも、これから書こうとしてたことにすごい合致する感じ…!

あんなだらだら文読んで考えてくださってありがとうございます!


好みの話なんですが、
自分がかもかてで言ってる好みっていうのは、その人が何を求めているのか なんですよね

よく、そのキャラがどこでどういう風に言ったら愛をあげるか、友を上げるか、など全イベント選択肢見て調べるのが好きなんですが、
そうやっていくと、キャラごとに上げる(下げる)選択肢にちゃんと一貫性があるよね、と


そこが、愛であればその人の求めるものであり、友であればその人が共感するところ、つまりその人自身のことが分かるところであり、という風に思えるんですが
(愛だとヴァイル、リリアノさま、モゼさん、ルーさま、トッズ、あたりは、何を求めてるかが一貫性あって分かりやすいかな…?


だから、タナッセさんにも、そういうのあるはずだよね!いやきっとある。だってかもかてがそういう風にできているから…!


で、
正攻法愛上げのときに上がるポイントは、下目線で頼ったり、だめだめな所見せたり、泣いたりーと保護欲そそる感じで

愛情ルートでのあの憎悪=愛情 は、上目線で、負けず嫌いで、やったらやり返す!で対抗心あおる感じ

二つ全然違う…


いやそもそも、反転することで、それが同じようになる!ってことじゃないのー?とずーっと思っていたのですが、

あの憎悪Bでの告白反応からすると、反転しなくても、あの憎悪状態でもう好きになってるじゃない?自覚ないだけで。

と思えたので。



そしたら、あの正攻法の愛は??
そしてなんであれが25で止まるの??


私もずーっとブレーキかかってるんだろうなーとか思っていたんですね、
そしてつり橋系イベントみたいな重要イベントがあったら、あの内部ブレーキも壊れて、正攻法愛でも愛情ルートいけるかも!とか

思っていたんですね、




でも、キャップかかるメンバーでトッズとか、ルー様とかいるじゃないですか
あの二人も重要イベント通ってやっとキャップ外れるけど、
キャップ30なんですよね


じゃあなんでタナッセさんだけ25??


いや、これもタナッセさんの自己評価の低さゆえにブレーキがかかるのが早いとか……
いやでも自己評価の最底辺はルーさまじゃね?とか思うとなんかしっくりこなく……


いやこんな些細なことーとも思うんですが、かもかてのあまりの作りこみの凄さにひいい!となったので、
こういうところもきちんとできてるんじゃないかと思ったんです。


だからつまり、この愛は正攻法の愛は、彼が一番に求めているものを満たしているわけじゃないんでない?と思って


としたら、
愛情ルートのあの反転したあの愛こそ、彼が一番求めていたもので、

正攻法の愛は、彼が2番目あたりに求めていたもの?かなーとか思ったんです。


彼が頼られたい、必要とされたい願望の強い人ってのは、前に書きましたが、
それはガチだと思うのですけど、

でもそれだけではだめで。


誰かからの赦しや、頼られや、それだけではだめで、

そこはなんでだー!ってのをちょっと長くなってきたので追記より








っていうのも、これのあとに書こうとしていた内容というのがですね

神業ーとか通って、そして彼の根本を赦してあげることによって、彼も救われてそのままゴーーールイ……


……ンできないよね(;´ヮ`)


となっちゃったんですよ(笑)





なんかこれで、レハト様に赦して貰うことで、愛情ルートにいくと、

まるでレハト様の優しさ?(か(笑)?に甘えてるように感じてしまって……

っていうか、そういう状況でこの人はプロポーズとかできるんだろうか??
甘えたりできるのか?
あんな晴れやかなED迎えれるのか…?

これだと一線超えも無理じゃね?って


こ、これが壁かーーーー('';;と一人でなんか納得していたのですね(笑)


でも自分はできると思っていた、それはなぜ?

つまり、こういう解釈じゃなかったってことだ。
じゃあどんな解釈?


と思ってみると、まずこの神業通ると、このレハトさま、強いと思っていた子が、実は弱いとこもあるー!ってのが示されるのはガチだと思うのですけど


じゃあ、そのまま、その弱いところ、相手から赦してもらう、頼ってもらうところを、彼が好きになったと仮定したら、この関係ってどうなるんだろう?


そう思ったときに、でもこのレハトさまってやっぱり、根本的には強い子だよね、と思って


でも、勿論弱いところもあって…そのたまの弱さ、たまに頼ってくれるーとかそんな、
なんだろ、ギャップ萌え?(笑)的なところに惹かれていたのなら、


彼は、そうじゃないとこ、いつもは強いところを見れば、自分はそっちの力にはなれないー、自分は甘えてるだけだーとかぐじぐじしそうで、
いや努力はするだろうし、
いつかはそっちの力にもなれるのかもしれないけど、

でも、なんか根本的には、相手の弱さに惹かれているのなら、そこに依存してるような感じがして、

それってなんかすっごいかっこ悪いよね


と思っちゃったわけでして(笑)

いや、私がかっこいいか、かっこ悪いと思うかはさして問題ないのですけど、
でも、こういう関係って、あんま長く続かないよなーと思って




なぜならば、この関係ってリリアノ・クレッセの関係にそっくりだからです。


ほにゅ?と思った方に解説ー

元々この二人の関係は、リリアノさまが、
王としての自分を見てくれる人は沢山いれど、人としてのリリアノを見てくれる人はおらず。
で、クレッセさんだけは人としての自分を見てくれた人だったわけで。
人としてのリリアノ=これを弱さと定義できると思うのですけど


そして、クレッセさんは、実際クレッセイベントで、王ではなく、"彼女”が好き、といってるのは、まさに
人としてのリリアノ様が好きってことだろうなーと思うわけで。

一方リリアノ様は、サニャちゃん王配EDで、王配とは王のために生きる人のことで、政治とかに役に立たなくてもどーでもいい、王を支えることが役目みたいな事を言っていて、
二人の求めるものは一致していた、と思えるんですけど。


でも、でも。
これじゃ駄目だよね、って思うんですよ。

いやだって、この二人が決裂しちゃったのは、勿論あのタナッセさんの誘拐事件ですが、

でも、こんな関係だったら、あんな事起こるに決まってるじゃないですか!

あんな、政治的につけこみ易い王配がいて、陰謀が渦巻かないほうがおかしいだろと…!!

だから、普通だったら、愛してる人をこんな策謀渦巻く世界に王配として選んで、巻き込むなんてしない…と思うんだけど、
でも勿論リリアノ様はクレッセさん愛してるわけで、

でもじゃあなんで選んだ?と言うと、タナッセさんが似た者同士イベントで言っている、
あの人は自分を過小評価していて、自分にできることが他人にできないとは思っていない


ってところが絡んでいて、
リリアノさまは、きっとクレッセさんが、そういう政治的なごたごたの処理もできるようになる……
つまり、王としての自分も支えてくれれるような存在になれる…と信じてたのかな、とか……ちょっと思って遠い目になりそうになってしまった。


ここ、さらに切ないのは、クレッセさんが、タナッセさんも連れて別れようとしていたところで…
これって結局、クレッセさんが、リリアノ様が何を求めていたのか、全く分かっていなかった、ってことだと思うんですよね……なんかもう、くおおおおおおお

いやクレッセ氏だけが、悪いわけじゃなく。
リリアノさまもわがままだと思うんですが(そこを自覚してるけども


クレリリ好きーなんですが、
リリアノ様が、王を辞めたあとも会いに行かないのは、王としての死が、それが自分の最期の仕事だと思っているからだと思うんですが、
ここでも二人はすれ違っていて(クレッセ氏は王をやめたあと、王でないリリアノを待ってる

なんかくおおおおおおとなります。



でもこうやって、クレッセさんはリリアノ様の王の部分、強さを支えるような存在になりえず、だめになってしまった。
つまりこういう人の弱さだけを愛するようなやり方は、やっぱりいつか破綻する




で、こうやって示されているってことは、じゃあタナッセさんはそんな愛し方じゃだめってことじゃないかと
(前に愛情ルートレハト=リリアノ様似って話をしましたが、ここにもかかっていて。

彼自身が、父とは別の人になりたい、と言ってるんだし。

彼はさらに先、一歩先を行かなければならない…!


そう思っていくとですね、
あの正攻法愛ルート

が、まさに弱さに依存するような感じ、頼られることで、必要とされることで、赦されることで、
自分を立たせる感じで、これではだめーってのが彼もどこかで分かってる?のかな?

いやこれは違うかな……。


あーなんか、クレッセさんがまさに、正攻法ルートで愛情EDにいっちゃったタナッセさんみたいな人かなーとも思うんですけど。


貴族の子?だけど、政治的な立場にまるで縁のなかったお坊ちゃんが、あんな凄い立場の人に求められること、頼られることによって、やっと、自分に価値を得ることができた!と思ったのかなとか、ちょっと思ったんですけど。

でも、それだけではだめで。





んで、その人が一番に求めている物が、一番必要なものが、愛をあげるポイントだと思うって話をしましたが、

誰かからの無条件の赦し、正攻法愛みたいなのは、たぶん2番目あたりに欲していたことで、
確かに欲してることでもあるんだけど、でも一番ではなくて

んでは彼が一番に求めてるものは…?


んじゃー私の好みを探っていけばわかるんじゃね?(*´ヮ`)印友300パワーーー!


えーっと私の好みといえば…テエロさんとーフェルツさんとーーユリリエ……


ごめん、まるで一貫性なかった


だめだ、この印友300当てにならぬ!




えーっとえーっとえーっとですね、ごほんごほん。


そこでヒントになったのが、あの!だが断る!ルート(まだ引っ張るつもりか

あそこで、レハトさまはタナッセさんへの気持ちは本気、だけど、断る!んですよね

これって、つまり、あなたのことはー好きだけどーでもあんなこと(神業)があったから、
立場的に、一緒になるのはよくないでしょう

みたいな心境かな、と思うわけです(世間体ってやつだ



でも、これを選ぶと、ありがとう、すっきりした、と
断らないVERより、納得度が高いというか、
あんな罪を犯した自分だし、それで当然だよな、みたいな心境になっているんですよねタナッセさん。
ある意味ほっとしてるというか

丁度いい罰だろうさ…と言って

こ、こがポイントーーーー!(赤線引いてー!

そう、彼って、ずーとずーーっと、自分を罰しながら生きてるような人、なんだと思うんですよ。

外伝読んで、さらにその気持ちは高まったのですけど、王の子としてふさわしくない自分は、母から愛されていなくて当然であり、印が授けられてなくて当然であり、周りから冷ややかな目線で見られても当然である…みたいに

そうやって、自分を罰していて、ある意味罰さられたい病とういか、


与えられるべき報いーでも、罰を受けないことに不服だし、


だけど思う。罰を受けるってある意味


逃げ、

でもあるよね、と



これ、かなりきびしめな意見というか、実際は、罰からも逃げる人も多いからこそ、この彼は男前ーと思っちゃったのですが、

だけど、こうやって罰を受ける、ということは、
自分は、こんなだめな奴だから、こうやって罰を受けてますよーちゃんと受けてますよーていう対外アピールになって、
さらに自分へも、こんなだめな奴だから、罰を受けるべき!今自分はちゃんと罰を受けているーなアピールになって



それって、ある意味、この現実と戦わない、ってことだよな、と思うわけで。


つまり、彼は罰に逃げてる、じゃあ彼に必要なことって、


誰かからの赦しではなく、


自分で罰することをやめること


つまり、自分で自分を赦すこと


なんではないか?、と思ったわけです。



自分で自分を赦せて初めて、
自分が幸せを手にいれてもいい、と許すこともできて
だからこそ、プロポーズもできちゃう(愛する人を得ることを自分に赦せるようになる!

のではないかなーと。

(つまりあのだが断る!ルートは、そこまでいったのに、罰を前に出されるとそっちに飛びついて逃げてるよねーってことで)


で、自分はそう思っていたからこそ、一線超え?ふっ余裕ですよ(まあテレ屋さんだけどさ……
とか確信持って言えてたんだろうなーと



彼が、愛情ルート最終日にいってくれるこれ、大好きだから抜粋しちゃおう。




どうしてお前なんぞの額にそれがあり、私の額にはそれがないのか。

そんな逆恨みだ。八つ当たりだ。

お前だって、欲しくて得た物はないことは分かっていたのに。

それを得ることは幸せを得ることではないと、身に沁みて分かっていたのに。

王になりたかった訳ではない。

今も昔も、地位などというものに執着はない。

ただ……赦しが欲しかったのだと思う。
ここにいても構わないのだという、赦しが。


だが、たぶん、そんなものは最初から与えられていたのだろうな。
私がただ単に見ぬふりをし、逃げる口実にしていただけで。

それに気づかされた。



この、赦しは最初から与えられていたことに気づいた、っていうのが、まさに自分で自分を赦せたってことかなと思ったんですね。


彼が、誰かから赦しを、たとえばリリアノ様から、お前はここにいてもいい、って赦しを得たとします。

でも彼は、いや、自分なんかがいていいわけがない…こんな自分なんかが…

と思っちゃう人だと思うんですね。

これは、やっぱり、例え誰かからの赦しがあっても、自分が許せないとだめーってことじゃないかと思うんですよ。
彼ってこういう人だと思うんですが、ど、どうだろう……


じゃあなんで、彼が愛情ルートでは、自分を許せるようになるの?ってのと、その前に神業条件の掘り下げを……

だけど、そろそろ画面の前の人が疲れてる気がするので(笑)

ちょっと今日はここまで!
長い文読んでくださってありがとうございました…!


語り | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。