ミラミラ考察-神話- ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2009年06月30日

ミラミラ考察-神話-

今回は3曲目の神話を。ここまで終わるとあとは大抵ストーリーどおりというか、ツッコミどころが極端に少なくなるので楽…だと思いたい…!(笑)

てか今絶賛かもかて中で口があがあがいってるので…!
なんでこれ終わったらしばらくはかもかてのターンになると思います…ってか、かーたーりーたーいー!久々のど級ヒットなフリゲです…!






神話

ここからもう本、エレフセイアの話だと思っていますが

最初こうやって神話やハルモニアの娘達から入るのは、モデルの本、イーリアスへのリスペクトなんじゃないかなーと

イーリアスではムーサですが、ムーサがハルモニアの娘とする説もあるそうなので

こうやって文字にしてみると単純だな…(笑)



色々とこの世界の神話、成り立ちが話されますが・・・・・・

ええっと、ざっと図解するとこんな感じで


soukanzu.jpg

自分用だからもありますが、見づら…!!
すみません根性で読んで…!


んで、まあ実際の神話とは大分違うのですが(比較作ろうと思ったのですけど、実際の神話はこんなもんじゃないくらい家系図複雑怪奇すぎたのであきらめ…(笑)

これをREVO神話!として流してしまおうと最初は思っていたのですが

ちょっと気になることが……

というのも、歌詞にいつも

時(クロノス)を運ぶ縦糸

ってあって、その”クロノス”というのは、ポピュラーなギリシャ神話の神統記のクロノスではないんですよね

時のクロノスはシロスのHeptamychia のほう

じゃあこの家系図もそっちをモデルにしてあるんじゃ・・・・?とドキドキそっちについて調べていたのです…んが

ない。
全然なーーーーーーい!!

あってもギリシャ語がこんにちは!翻訳書けてもわけわかめ。む、無理…!さすがにギリシャは無理です先生
このごろハングルも大分抜けちゃってぎゃーとなってるんですせんせーい!!


な感じで真相は分からず…ぐぬぬ

しかし、家系図を書いててちょっとあることに気づきました。
もしかしたら勘違いの可能性は多いにあるのですが、最後に人間を作った…ってこは……

あれ?あの人いなくない?

ほかの眷属にも入りそうにないあの人がいない……えーっとこれはもしかして……もしかする…?

……いやちょっと早計すぎるな、決めうちせずに温めておこうと思います。


その後国の紹介みたいなものがありますが、この辺の地形と地名は未だ名残があってギリシャ地図読んでるとにやにやします(*´ヮ`)ギリシャいきたいよギリシャー!
Moira | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。