久々にMoira(冥王考察) ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2009年06月16日

久々にMoira(冥王考察)

久々にMoira語りてか考察だぜ!(’’*某さまがMoiraにはまってらっしゃっててうっかり熱があがってしまったぜ!

サンホラカテゴリーも作ってばっちりだぜ!

うん、てなわけで前からちまちま書いてたのもサンホラカテゴリーに…後で移動しておこう


前のがほとんど元ねた漁りメモになってましたが、今読むと、あ、あれ意外と読めるかもしれないと思うのは自分だからかそうかーー!(笑)

元ネタ漁りは、なにかしらヒントになるものが転がってないかなーと思ってやっていたのですが、
調べれば調べるほどトロイア戦争あたりはロマンがつまっていて、領主さまがこれに惹かれたのすごいわかるなーと

まるで領主さまの道筋を自分なりに探してるみたいでえらい楽しかったです。領主さま(つーか今は陛下だ)ファンにおすすめですよ!

元ネタとぴったりー!なことはさすがにないですが、お、これは…!と思うものはごろごろ転がってますし


っと、とりあえず、順序だてていってみようと思います。とりあえず一曲目の冥王から!






 

おそかれーはやかれーさけられぬわかれー

まえーに描いてた冥王さまとお付きの二人らくがき・・・・・こ、この絵はただいなる主観がまぎれてますがーーー!(いわんでもわかる

冥王

これまとめていっちゃうと、死神、と人々に罵られる立場にいた冥王様の反抗期やさぐれソングですよね(まとめすぎ


本当は生こそ苦しいものであり、死が唯一の平等なもとのだと、

そうやって必死に自己肯定をして、だからこそ命を運ぶ母(Moira)のほうがひどいんだ!
と言うしかないタナトスさま

うーん人間らしい神様だ…


ここで一個はっきりさせときたいのはタナトスさまは一体何がしたかったか、です。

エレフに目をつけ、彼を我の器といっていますが。

そもそも器ってなによと。皿?(…


器…で思うのは、自分の体がもう限界だからこそ新しい器を…とかですが、タナトスさま元気にろーろろーろーとかやってますし、そもそも神様にそんな限界があるとは思えない

それを考えると人間の世界に介入する器が欲しかったのか?とも思うのですが、

最終的に迎えにいこう(冥府へようこそ!)といってることを考えると、目的はそうじゃなさそうで

この曲で冥王さまは
人を殺め続けて救うのが私の役割だー!と思ってるみたいなので、

冥王さまにとっては、死人がどんどんでるのが嬉しいと思うんですが、それならエレフは迎えにいかずに人間界でもっと駒として動いて戦争しまくってもらったほうがいいんじゃないかと……


そして、そのエレフを迎えにいくのが”母親を殺める夜”指定

明らかに自分と同じようにMoiraを憎むようにエレフを誘導してるタナトスさまですが、これ考えるといずれ母(Moira)を殺したいんだろうなーと思うんですが、それは不可能なことなのでこの目的も違いそう


うーんうーん悩んでたんですが、神話の終焉と兼ね合わせるとこういうことじゃないかと

神話の終焉で、誰かによって冥府の扉が開かれ、死人戦争なるものがおこり、神話は終焉する……
とありますが、


その死人戦争こそ(どういうものかは定かではありませんが、ネクロマンシーって言ってるところをみると、死人が現世に蘇りそうな感じ…

冥王さまの目的だったするんじゃないかなと

エレフはそのために冥府の扉を開ける役割


ま、まあなんでエレフだけが開けれるのよと思いますが、まあきっとエレフだからだよ!(うわ適当
いやまあ、タナトスに同調したエレフにはその力があるとか、途中でタナトスさまの器になったからこそ、冥府を外側から開ける力があるんじゃないかとかそんな…


冥府の扉を開けるのはオルフェウス説もあって、自分もそっちを一時推していたんですけどー

ギリシャ神話上ではオルフェの冥府くだりはトロイア戦争のだいーぶ前なんですよね
その辺変えてある可能性ももちろんですが、
うーんどうかな…

オルフ=オルフェだったら

エレフの存在がオルフに冥府くだりを決意させたってことにしてもいいかなーとも思ってたんですが
なんかなーオルフ=オルフェって感じしないというか、
はっきりこれ!という根拠がない限りは他CDとむやみに繋げたくないというか

でもパッケージにはででん!といるので、重要な役割を担ってはいそうなんですが…まあそれは後で


そしてこの死人戦争を起こすことによって何をしようとしていたか…ですが

やっぱり死人を増やすのが目的なタナトスさまだと思うので、、、どんぱちどんぱちだろうか
しかしこれどういう戦争なのでしょうね、人間VS死人なんだろうか

明らかにこれで神話が終結してしまうことを考えると、これが問題になって、神々は人の世界に介入するのをやめてしまったーとかありそうですが

うーんなんか死人戦争あたりは考察というよりドリーミングだな(笑)

きちんとした論理的証拠と根拠に基づいた考察がしたかったんだけど…!!

はっきりとはわかりませんが、自分なりにはタナトスさまの目的は死人戦争を起こすために冥府の扉を開ける器=エレフが欲しかったってことにしよう、かな、と。なんか色々とそう考えるとしっくりきたんだ…!

もしかしたらまたかわるかもですけどー!って一曲でえらい長くなった…!次は…えーっとまた気が向いたら!(しゅばっ
Moira | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。