Moira考察というより元ネタ漁り ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2008年10月12日

Moira考察というより元ネタ漁り

うおっとおいつの間にやらこんなに間が(’’;
Moiraでもまだまだ語りたいことが山ほどてんこもりーなのですが、
Moiraサイトさんをこそこそ回っていたら素敵Roman創作が多くって、ずーっと保留にしてたRoman考察に火がついてそっちをがつがつやったりしてました
物事には順序ってものがあるんじゃないかとこいちじかーーん!

しかし……やっぱりRomanむづかしい(、、;

かなり過去作品とのリンクが多いので、過去作品の考察をきちんと固めてないとなかなかきちんと考察できず…
なので過去作品も全部考察してたら頭がオーバーヒート気味に…(苦笑
でええい!

サンホラではどっちかというと楽曲より考察とかでそのCDにずぶずぶ入っていくタイプなので
Romanのときは
Romanの超難易度にへたりこむ→というかミシェル様ご登場にへたりこむ→楽曲は好きなんだけど、考察できないといまいちはまれない…っ
という悪循環をぐるぐる回っていたのでした(、、


自分だけじゃどーもできないんで、他の方の考察とかも覗いたりしてたんですけど、あのころはどこも炎上気味だったから、ほとぼりが冷めるまで~とかやっていたら今の今まで考察が放置に…!

この前SHソートやったんですけど、そのときの自分のRomanキャラの把握のしなさに絶望した…!
というかイヴェールがあんなに若いとは思っていなかった(、、ご…ごめん…!
ついそれまでのSHのノリで若い男はあんまりでないと思ってたんだよ…!(汗
あと領主さまと似て非なるお方(笑)のお声のイメージでついもうちょい年いってるビジュアルかと(´∩ω∩`;;ごごごめんー!


Moiraのことがあらかた書き終わったらこっちも書きたいなーとかちょっと思ったり(、、*どんだけSHブログになるのここ


そして拍手な返信
>スカーレットさん
まさか最初に作った子が5ヶ月も生きるとは思わず、いつの間にやらごそっり思い入れとかできていたので、ちょっとずごーーーんとくるところはありました…というか時間差で今きてるという不思議…!
お、おかしいな…!
私もあれから何人か出してちょこちょこ頑張ってくれてますが、なかなか長く続かず(、、;さすがゴルロアきびしいぜ…!
アナイス誕へのお言葉もありがとうございますー!
うわわ、スカーレットさんのイラスト…!見たかった…!今から送ってくれてもいいのy…げふげふ
後夜祭イラストは見たいーというありがたいお言葉を沢山貰ったのでこういう形で公開となりました(、、*
ほ…ほれだなんて…!むしろいつも素敵コメントくださるスカーレットさんに全力で惚れちゃってます(*ノノありがとうございますーっ








おーりおん

おーりおんおん(’’*
後姿しかビジュアルありませんが、王子さまの噂が流れるくらいだったら、きらきっらしたビジュアルじゃないかなーと思ったり(笑)なので金髪青目イメージ
神話でもオリオンは美青年らしいので

あーそういえば、レオン様の父デメトリウスを射たオリオンらへんは、オリオンの獅子退治をモチーフにしてあったりするんでしょうか…
獅子退治をしたキオス島はレスヴォス島にとても近いんですよね、むむむ…
「彼の弓がしなり弾けた炎~」なあの恋射ち台詞は、恋人のアルテミスから撃たれたのからきてるのかなとかそんなことも思ったり

……ルーツを辿るのは楽しいけど、こんなことやってるとほんとキリなくなってきますね(苦笑
諸説もいろいろだし、というかオリオンの死因の諸説多いよ!
中でも円盤投げEPはふいた!(笑)


そういえば、ハインリッヒ・シュリーマンがズヴォリンスキーさんのモデルってこと書きましたが、
それだったら彼の形見の本はホメーロスのイーリアスってことになりますね(、、*
その作者がミロスさんだったということはホーメーロス=ミロスってことでしょうか
ミロスさん詩人だからこの辺もぴったりで
てことはイーリアス=エレフセイア……?
あ、いや違う!ぐはあしまったまた見落としてた…!

エレフセイアがエレウセウスの本ってことは
オデュッセイアですな……あいちゃーなんでこっち見落としてたかなー
いや語尾変化が共通してるってだけなのですがっ(笑)

じゃあエレウセウス=オデュッセウス?
わ…私の前のあのカオス文章は……!(で、でもエレウシスとオルフェウス教の共通点はやっぱりなにかありそうな気がするんだけどー!

しかーーーし
オデュッセウスかー(、、共通点といったら苦難の旅路くらいなんですが
さらにこれ結構ハッピーエンド的ですし


レオン様のモデルが最初アレクサンダーと思ってたんですけど、時代的にもイーリアス的にも
名前の語尾的にも(笑)アキレウスかなーと思っていたので(性格全然違うけどね☆

このオデュッセイアで語られる、オデュッセウスが冥府におりて亡くなったアキレウスとの会話で
アキレウスが「死人の王になるよりも、生きてつまらぬ男に仕えることのほうがましだ」と言ったというエピソードはMoiraてきに感じ入るところが(’’*

しかしレオン様がアキレウスねーーアキレウス……いやいいんだけど
モデルといっても立ち位置やエピソード的な話ですし、それいってたらトロイア戦争とMoiraなんて全然違う話だしな!(笑)

アキレウスエピソードといえば母のティティスに、死ぬという予言の成就を避けるため、イリオス(Moiraてきにはイーリオンですな)攻めに参加しないように忠告されたー
てのはかなりぴったりくるエピソード

つまりレオンさまは足がはやくってアキレス腱が弱点なのですね!らじゃ!(違うだろ
そしてレオン様の雷槍はトリネコの槍なのかなー

あ、だからアレクサンドラさまがでるのかなとか

イリオス勢に加わったアマゾンの女王ペンテシレイアに、アキレウスが一騎打ちを挑み、勝つってエピソードがありまして
そこで遺体となったペンテシレイアの美貌にアキレウスが目を奪われ、殺したことを後悔する~なんてエピソードがあったりします(’’*へーへーあらあら

いまいちいてもいなくても話の成立するたち位置にいる彼女ですが、このエピソードから登場させてるのかなーと

あと、Moiraはちょい役の女性でもえらい誇りをもったかっこいい女性が多いですよね
ミーシャはもとより、ズヴォリンさんの奥さんとか、ほんとちょい役の高級娼婦の二人とかフィリスさんとかソフィアさんとかアレクさまとか
最後戦場に単身かけてきたっぽいれおんママもよーく思えばすごい
これは何か意味があるのかな…?
Moiraは女性神みたいだし、なにかしらリンクありそうな感じ……

あ、話戻りますが、アキレウス=エレフっぽいエピソードもあるんですけどね
あの気性の荒さは逆にエレフのほうが通じるものが…
イーリアスが元々アキレウスの怒りから始まる物語ですし、その辺まぜてこねんていーろいろな感じ

エレフVSレオンさまの戦いはイーリアスのクライマックスなヘクトルVSアキレウスの一騎うちより
アキレウスVSメノムンの一騎うちのがしっくりきますし
あ、このときはアキレウス=エレフで

二人が激しい舌線を繰り広げて~とかアキレウスがメノムンに黒い剣をつきさした~なとことか
ばっちりこーんこーん(’’*


えっと、こんな感じでルーツや元ネタ洗いみたいになってますが、この辺を一通りやってからMoiraの時系列考察とか全体考察をやりたいなと思ってるので…
なのでこれまでてか、もうちょっとこんなチラシの裏メモ的記事が続くかもです(´∩ω∩`;というか全体考察できるのか…!









Moira | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。