ゲド戦記 ひだまりポット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2006年08月17日

ゲド戦記

この前ゲド戦記を見てきました(・・*
ゲド戦記はジブリが映画化するってことで、先に原作を読んで大好きになった作品。
ネット上ではびっくりするくらいの大不評ぷりにビクビクしてたのですが…

*ここから原作&映画のネタバレ全開でいきますのでご注意ください*












そこまで悪くなかったんじゃないかと(・・*
確かに、原作読んでないと説明不足なところは結構ありましたが、この映画の重要な所にさほど関わる設定ではなかったですし。
まあ、原作読んでないとそんな所も分からないのでなんともですが(、、

最初、三巻を映画化するってことだったので、あの船旅が再現されるのかな~と思いきや、
どっちかというと3,4巻を半々で、1巻の要素もいれつつ、2、5巻も匂わせる感じで…
すっごいテンコモリだ!(笑)
そりゃー説明不足にもなるってもんです(’’;


CMで見る感じ、キャラが結構違うんじゃないかな~と思ってたのですが、
思ったよりそうでもなかったですし。

アレンは暗っ!どーしちゃったのレバンネン!って感じでしたけど、
それは影に追われてるというオリジナル設定からでしたし(これって1巻のあれをモチーフにしてる感じでしたね
それ以外のところは原作通りの礼儀正しい好青年でしたし。
あのゲドへの盲信っぷりがなかったのは残念ですが(笑)
というか、ハイタカって呼び捨てにしてることにびっくり
様は!大賢人様は!(笑)
(原作で、ずーっと様付けだったアレンが、3巻のあそこでゲドを呼び捨てにしたとこがぐっときました(・・*

一番違うだろうなーと思ったテルーもそうでもなかったです。
アレンへのツンケンした態度とかは180度違うんですけど(笑)
それ以外はそこそこイメージ通り。
まあ、原作のがもっと内気でおとなしくちょっと不思議ちゃんっぽいかんじですが
でも喋り方がイメージ通りでした!少し舌たらずにしゃべる印象があったので。声の感じもぴったり。手島さんGJです(’’*

あ、あと話題の唄もよかったです(’’*
EDもよかった!

ゲドもCM見た感じは色々喋りすぎるんじゃないかー?と思いましたが、そうでもなく(短っ

ある意味一番違ったのはテナーかも。
特別なことが嫌で、普通に飛び込んだ彼女
女性として…というより人間として生々しいところも結構ある彼女が好きだったので、
映画で魔女と呼ばれても平気にしてるテナーは…



まあ、そんなテナーもいいかも(*ノノ)(オイ
普通に肝っ玉お母さんな感じでしたね。

あ、でもゲドへのツンツンっぷりがなくなったのは残念(笑)
(そのかわりテルーがアレンにツンツンしてましたが
テナーはゲド戦記の中でも一番のツンデレだと思ってます(笑)


あ、あとなんといってもウサギ!ウサギですよ奥さん!(何
いや~3巻のほんのちょいキャラであり、性格も180度違う彼が、なぜあの小悪党役に抜擢されたのか(笑)
ソプリでもいい感じでしたよね。てかキャラ的には4巻にでてくるアスペンが一番近かった感じかも
てか、ウサギってほんとはゲド戦記でも数少ない美形と形容されてるキャラなんですよね…(それがなぜ…(笑)



テルーの竜化は…。あれだけだとわっけわっからーん☆って感じですが(’’;;
ぶっちゃけこれが重要になるのは5巻くらいなので、映画では盛り上げるためのおまけ要素(笑)って感じくらいだったんじゃないかなーと

テナーも原作知らないと誰やねん!墓所って何よ!って感じですけど、
まあ知らなくても話は機能しますし(笑)
ゲドとテナーが大好きな私としては、ちょこっとでも二巻回想シーンがないかと楽しみにしてたのですが…
(もしやあるの!?ってシーンで強烈にガッツポーズを決めて、そのまま崩れ落ちる自分

あ、でもテナーが攫われて、ゲドが必死になるシーンは大変おいしゅうございました(*ノノ)
ウサギGJ!(何

あと二人が処刑されそうになるところも、4巻のあのシーンを彷彿させてニヤニヤできました(*ノノ)
クモGJ!(…


あーでも、テルーとアレンのあれは…(笑)
ジブリと主人公とヒロインですし、そこそこ信頼を結ぶ感じになるとは覚悟してたんですが、えっらいラブラブファイヤーでびっくりしました(笑)
アレンが真の名をテルーに渡すところとかは、二巻のゲドとテナーを彷彿させましたね(・・*
や、台詞の恥ずかしさはゲドのが5割増しだと信じて疑わないのですが(笑)
二巻のゲドはどこの少女漫画だ!って台詞をガンガン言ってくれるので、ある意味好きです(笑)
一番の名台詞は「気をつけてな、テナー」だと…!
あのタイミングでこれをいっちゃうのがすごい。
いったいどこで女性をおとすハウツー本を読んだのかと思いましたよ。

話がそれましたがアレンとテルー。
原作ではテルーがおちびちゃんで、アレンとは軽く10以上の年の差もあり、恋愛のれの字もない関係ですが(てか絡み自体少ない…
4巻で、王様の所に飛んでいきたい~うんぬんってテルーの台詞を読んだときは、そういうことになるのかなーと夢見たこともありました(笑)


しかし5巻を読んじゃうとなー
やっぱりアレン、てかレバンネン(ゲドのキャラは呼び名より真名のがしっくりきます)
のお相手はセセラクでしょう!
セセラク、健気で努力家でかわいくて大好きなんです。

セセラク王女さま






最初はセセラクを色眼鏡で見てたレバンが、徐々に彼女の本質に触れていくうちに惹かれていく感じがいいですね…!
てか、レバン、挙動不審すぎ(笑)
おかしな行動とるは、いきなり変なこと言うわ、どこのラブコメかと…!(笑)
きっとこの二人は手が触れ合っただけでトキッな関係なんだ、きっとそうだ(しかも一方的にレバンだけ

しかし、ジブリ作品は気持ち悪いくらい影響力があるそうなので(笑)(とある方の名台詞
アレンとテルーが主流になっちゃったりしたらちょっと…





まあ、それはそれでおもしろいかもしれないとか(*ノノ)(待て


長くなったので続きはまた
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。