SH総合 ひだまりポット
フリーエリアタイトル1
ここにカテゴリー1のフリーエリアの内容を表示
フリーエリアタイトル2
ここにカテゴリー2のフリーエリアの内容を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年12月19日

メルヒェンの地平線

まあ、つまりはこのシリーズの続きなんですけど。
メルヒェンがきたことでの変化とかなにやらかにやら

てことで続きから
スポンサーサイト
SH総合 | トラックバック(-) | CM(0)
[edit]
2010年12月08日

Sound Horizon~Chronicleからイドまで~過去・現在・未来を繋ぐ 果てしなき地平線の向こうに僕達はどんな幻想を描くのだろう?5

この記事、タイトルが長いせいで、タイトルはこぴぺってますが、
こぴぺする前のタイトルが、
SH,クロニクルからイドまでうにゃらかにゃら だったりするのはひどいと思います



そして今回でたぶん最後!メルヘン来る前に終わりそうでよかった・・・!
ってことで今日はイドとメルヘンについて


ちなみに一言でいうと、

なるほど分からん(`・ω・´)よし保留

であります。うんひどい
SH総合 | トラックバック(-) | CM(0)
[edit]
2010年12月06日

Sound Horizon~Chronicleからイドまで~過去・現在・未来を繋ぐ 果てしなき地平線の向こうに僕達はどんな幻想を描くのだろう?4

今日のは番外編的な内容。
Moiraに眠るもう一つの物語……とかいったらサンホラぽい感じでたりしないか(、、*?……しないな

といっても、そんなに確証のある事柄じゃないんでなんとなく度がすごく高い内容となっております、つまりいつも以上に妄想度は高めだ!
いろいろ注意…!

SH総合 | トラックバック(-) | CM(0)
[edit]
2010年12月01日

Sound Horizon~Chronicleからイドまで~過去・現在・未来を繋ぐ 果てしなき地平線の向こうに僕達はどんな幻想を描くのだろう?3

その1
その2


そして今回のでその3!ちょっといやかなりお久々に3!!

今回ので一応の終着点は見えてくる・・・はずだと思わせて・・・

タナッセさんのと並行して書いてたら、こっちがあがるの早そうだったのでこっちを先に…
メルヘンもうすぐだし!いそがねば!


てわけで続きからー

SH総合 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
2010年07月11日

Sound Horizon~Chronicleからイドまで~過去・現在・未来を繋ぐ 果てしなき地平線の向こうに僕達はどんな幻想を描くのだろう②

やっとこ前の続きを。それでもまだ続きますが…!


そしてもうすでにタイトルに後悔!
略とかryとか入れたくてたまらない!で、でもいいや!


とりあえず、前記事の補足として喪失の闇に囚われた人物の定義が曖昧になってしまったのでちょっと再定義を



曲ごと~とか言っているとキリがなくなったので、
主だった人物とか重要そうな人物とか分かりやすい人物とかをざざっとあげていくと
(ちなみに前に列挙した人物も主だった人物しか列挙してません、パッケージに載ってるくらいのキャラ。
そうじゃないとキリな…!)


□まず最初に定義した、死を恐れることによって永遠を求める~ような人、
・ノア(永遠を手に入れた魔術師)
・ミシェル(男になりたい説と二つ説ありますが私こっち派)、
・アビス(パレードがそのまんま。でもエルを失うことに囚われてる~ことのほうがでかいか?)

□上の定義じゃないけど、これもそうだなーと思うのに
・エル(苦痛な生から安楽の死に逃げようとしている)
・永遠の少年(永遠に生きるもゆえに喪失の闇の権化みたいになっちゃったのかな)
・ゆりかご(忘却筆頭。自分の子供が死んだことを認めようとせず忘却に逃げている。他にもLostメンバーにはいっぱい)
・あと復讐も喪失の闇重要キー。ゲーフェン、ローランサンとか(失ったものに囚われているという点で)


こんな感じかな……。
これを見ると何かに囚われたり、何かから逃げようとしたり、何かを否定しようとするのが喪失の闇に囚われる~の定義なのか…?うーんなんとも曖昧だ

たぶん、聴いてる人だったら、なんとーなく、あーあれねーーーみたいな感じになってもらえるんじゃないかとも思うんですけど…!(笑)


それを受けての前のおさらい


Chronicle(運命を打倒する物語)→Thanatos(喪失の闇に囚われた人の物語)→Lost(忘却にも喪失にも囚われずに生きていく物語)

とやってきたテーマを

Chronicle 2nd→Elysion→Roman

と繰り返してきたのではないかということ。
そして、二週目は何かしら一歩踏み出しているような感じを受けるということ





そんでもって、続きから前回の続きを~
今日はイベりア!


SH総合 | トラックバック(-) | コメント(-)
[edit]
アーカイブ
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。